ホーム > 連携教室 > 臨床系:医学系専攻:画像医学

臨床系 : 医学系専攻(博士課程)

画像医学 

画像医学

画像医学


研究室紹介

画像医学講座の医局員は25名でうち日本医学放射線学会放射線科専門医は19名、またがん治療認定医機構認定医1名、がん治療暫定教育医7名がいます。がん治療において放射線科は診断、治療、研究ともに重要な役割を担っています。診療においては附属病院放射線科として画像診断、画像誘導下手術 (Interventional Radiology, IVR)、放射線治療を行い、他の診療科とのチーム医療を行っています。

画像診断ではコンピュータ断層撮影検査(CT)、核磁気共鳴検査(MRI)、超音波検査(US)ならびに核医学検査(RI)などの診断装置を用いて病変の 存在診断、鑑別診断、そして病期診断を行い悪性腫瘍の治療方針決定に役立っています。IVRでは肝細胞癌を中心とした腫瘍に対する経皮的動脈塞栓術、腫瘍 出血などに対する血管塞栓術、椎体形成術などを行っています。放射線治療では各種悪性腫瘍に対して形態や機能を温存できる利点を活かした放射線照射を行っ ており、また化学療法との組み合わせで悪性腫瘍の根治を目指しています。

取得が見込まれる資格としては日本医学放射線学会の専門医、日本放射線腫瘍学会の認定医、がん治療認定機構のがん治療認定などがあり、また学位(医学博士)の取得を可能とします。

【臨床で施行可能な治療内容および研究テーマ】
・肝細胞がんに対する動脈塞栓術
・肝転移に対するリザーバーを用いた肝動注化学療法
・椎体形成術
・原発性肺癌、転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療
・強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy, IMRT)
・前立腺癌に対するヨード小線源永久挿入治療

このページの先頭に戻る

業績

  • 2007-2008年〈著著・総説・論文〉
  • 01.篠田充功:第4章 放射線療法 Partial Breast Irradiationの課題と将来性.園尾博司 監,福田護,池田正,佐伯俊昭,鹿間直人 編:これからの乳癌診療2008~2009,pp78-85.金原出版,東京,2008
  • 02.Sasaki S, Shikama N, Koiwai K, Kadoya M: Relationship between the response to treatment and the prognosis of patients with aggressive lymphomas treated with chemotherapy followed by involved-field radiotherapy: Radiographic assessment. Jpn J Clin Oncol 38: 43-48, 2008
  • 03.宇原 久,山崎直也,真鍋 求,鹿間直人:有棘細胞癌の診療ガイドライン.Skin Cancer 22: 226-232, 2008
  • 04.鹿間直人:ホジキンリンパ腫の放射線療法に関する話題.血液・腫瘍科56:443-448, 2008
  • 05.鹿間直人:悪性リンパ腫に対する放射線療法-治療成績向上のために.内科臨床雑誌102:275-279, 2008
  • 06.黒住昌弘,角谷眞澄:経皮的椎体形成術.信州医誌56:325-326,2008
  • 07.鹿間直人:悪性リンパ腫の臨床試験と放射線医学:リンパ腫多施設共同臨床試験における放射線治療の品質保証と品質管理.血液・腫瘍科57:399-402,2008
  • 08.Nakamura K, Kodaira T, Shikama N, Kagami Y, Ishikura S, Shibata T, Hiraoka M: Accelerated fractionation versus conventional fractionation radiation therapy for glottic cancer of T1-2N0M0 phase III study: Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG0701). Jpn J Clin Oncol 38: 387-389, 2008
  • 09.Ogawa K, Yoshii Y, Shikama N, Nakamura K, Uno T, Onishi H, Itami J, Shioyama Y, Iraha S, Hyodo A, Toita T, Kakinohana Y, Tamaki W, Ito H, Murayama S: Spinal recurrence intracranial germinoma: Risk factors and treatment outcome for spinal recurrence. Int. J. Radiation Oncol Biol Phys 72: 1347-1354, 2008
  • 10.荒川和清,鹿間直人:乳房切除後放射線治療.澁谷均他編,エビデンス放射線治療:pp241-251, 中外医学社,東京,2007
  • 11.松下 剛,上田和彦,角谷眞澄,上原 剛:画像診断と病理 膵管癌.画像診断27:114-115,2007
  • 12.平瀬雄一,上田和彦,角谷眞澄,三輪史朗,宮川眞一,上原 剛,浅野功治:画像診断と病理 膵管内乳頭粘液性腺腫(IPMA).画像診断27:398-399,2007
  • 13.小岩井慶一郎,鹿間直人:2.初期治療の実際 (4)乳房温存療法における放射線照射の実際.コンセンサス癌治療(2007 Winter),pp32-33, へるす出版,東京,2007
  • 14.山崎幸恵,角谷眞澄:画像診断と病理 膵内分泌腫瘍.画像診断27:280-281,2007
  • 15.松下 剛,角谷眞澄:画像診断による膵癌術前進行度診断-正診率の向上をめざして-MRIによる膵癌肝転移診断.胆と膵28:121-126,2007
  • 16.黒住明子,石井貴久子,高橋加奈,高橋正明,藤田 顕,杉山由紀子,塚原嘉典,古川智子,上田和彦,角谷眞澄:肝細胞癌とその境界病変のCTとMRI.日本医事新報No. 4341: 53-56, 2007
  • 17.Isobe K, Kagami Y, Higuchi K, Kodaira T, Hasegawa M, Shikama N, Nakazawa M, Fukuda I, Nihei K, Ito K, Teshima T, Oguchi M: Initial experience with the quality assurance program of radiation therapy on behalf of Japan Radiation Oncology Group (JAROG). Jpn J Clin Oncol 37: 133-139, 2007
  • 18.Shikama N, Oguchi M, Isobe K, Nakamura K, TAmaki Y, Hasegawa M, Kodaira T, Sasaki S, Kagami Y: Quality assurance of radiotherapy in a clinical trial for lymphoma: Individual case review. Anticancer Research 27: 2621-2626, 2007
  • 19.井出葉子,酒井咲子,小沼博義,飯島みわ子,林宏一,宇原久,松本和彦,河内繁雄,斎田俊明,鹿間直人,亀谷清和,徳田安孝,福澤正男:放射線化学療法が奏功した巨大な眼瞼外脂腺癌の1例.Skin Cancer 22:16-21, 2007
  • 20.Yamazaki H, Nishiyama K, Tanaka E, Koiwai K, Shikama N, Ito Y, Arahira S, TamamotoT, Shibata T, Tamaki Y, Kodaira T, Oguchi M: Dummy run for phase II multi-institute trial of chemoradiotherapy for unresectable pancreatic cancer: Inter-observer variance in contoura delineation. Anticancer Research 27: 2965-2972, 2007
  • 21.Fuwa N, Shikama N, Hayashi N, Matsuzuka T, Toita T, Yuta A, Oonishi H, Kodaira T, Tachibana H, Nakamura T, Daimon T: Treatment results of alternating chemoradiotherapy for nasopharyngeal cancer using cisplatin and 5-fluorouracil: A phase II study. Oral Oncology 43: 948-955, 2007
  • 22.赤松泰次,須澤兼一,金子靖典,宮林秀晴,鹿間直人,佐野健司,太田浩良:限局性胃MALTリンパ腫の長期経過:除菌療法抵抗例の臨床的特徴とその対策.胃と腸42:1207-1216,2007
  • 23.Yasuo M, Furuya S, Kanda S, Komatsu Y, Tanabe T, Tsushima K, Yamamoto H, Koizumi T, Kubo K, Yokosawa S, Yamazaki Y, Kawakami S: Successful endoscopic dilatation to alleviate airway suffocation in a case with esophageal cancer after stent implantation. Int Med 46: 1745-1748, 2007
  • 24.Isobe K, Kagami Y, Higuchi K, Kodaira T, Hasegawa M, Shikama N, Nakazawa M, Fukuda I, NIhei K, Ito K, Teshima T, Matsuno Y, Oguchi M: A multicenter phase II study of local radiation therapy for stage IEA Mucosa-associated lymphoid tissue lymphomas: A preliminary report from the Japan Radioation Oncology Group (JAROG). Int J Radiation Oncology Biol Phys 69: 1181-1186, 2007
  • 25.Yamauchi C, Mitsumori M, Sai H, Imagunbai T, Negoro Y, Sasaki Y, Hiraoka M, Shikama N, Sasaki S, Takegawa H, Inoue T, Teshima T: Patterns of care study of breast-conserving therapy in Japan: Comparison of the treatment process between 1995-1997 and 1999-2001 surveys. Jpn J Clin Oncol 37: 737-743

このページの先頭に戻る