ホーム > 連携教室 > 臨床系:医学系専攻:内科学

臨床系 : 医学系専攻(博士課程)

内科学 (呼吸器内科学・感染症内科学)

内科学

内科学


研究室紹介

呼吸器悪性腫瘍特に,肺癌は現在日本人死亡率第一位となりその増加はさらに加速しています.その現状を踏まえ当教室では,胸部悪性腫瘍に関する診断・治療 に関する研究に重点をおいています.診療および研究をさらに機能的に効率よく推進するために,呼吸器内科および外科診療を一本化した呼吸器センターを 2007年9月に設置しました.附属病院東6階病棟をセンター化し,呼吸器内科,外科,病理担当医師および放射線科医師も含めたキャンサーボード(検討 会)を週一回定期的に開催し,最適な治療提供を心がけています.これらの診療の効率化は,基礎的および臨床的研究テーマの発掘,発展にも貢献すると考えて います.

当教室における呼吸器悪性腫瘍診療の特徴は,悪性腫瘍のみの診療グループとして独自性を持たせていません.これは,特に肺がん診療には,他の呼吸器疾患の 合併および併発といった,多岐にわたる共通性を有するからです.たとえば,喫煙を共通の原因背景因子を持つ関係上,肺癌・COPD合併例が多いこと,化学 療法時の感染症併発には肺炎が多いこと,がん治療に応用されてきた分子標的治療薬には薬剤性肺障害が多いことなどです.これらは,たとえ臨床腫瘍医専門医 であっても,習得すべき重要な臨床領域と考えています.このようなことから,肺癌からみた全身疾患,全身から見た肺癌という視点を持って研究テーマも提供 しています.最近では,間質性肺炎合併肺気腫症例には肺癌合併が多いことを見いだし,薬剤性肺障害発症患者の遺伝子学的素因を解析する研究も開始していま す.

さらに,臨床腫瘍部(通院治療室)を利用した臨床腫瘍専門医育成の教育プランも主導的立場で企画し,積極的に他がん種の治療経験を研鑽する機会や,呼吸器悪性腫瘍の治療経験の希望者には当科への受け入れ機会を設けています. ひとりでも多い若い同志たちと,研究視点を共有したいと考えています.

研究テーマ

  • A 診断関係
  • 01.CT検診の有用性の評価
    われわれはいち早く肺癌CT検診を導入しその有用性を報告してきました.現在では松本市との共同作業で行い,CT検診における肺癌発見率およびその実績を 着実に報告してきています(Lung Cancer. 56;207-215,2007, Lung Cancer. 58; 329-341,2007など).
  • 02.呼吸器内視鏡を用いた診断手法の開発・応用
    現在,内視鏡的診断手法の開発・進歩は目覚しいものがあります.超音波内視鏡を用いた末梢腫瘍病変への到達率向上,隣接臓器がんや縦隔リンパ節転移病変の 中枢気道への浸潤の有無,および縦隔・肺門リンパ節腫大への組織学的診断率の向上などです.当科でもこのような手法を早期から導入して,実地診療上で応用 し,その有用性を評価する研究を行い,報告しています(Respiration 73: 651-657, 2006など).
    CTガイド下気管支鏡も,毎週1-2例を定期的に行い,末梢病変と気管支走行の画像的対比の解析しています.これらの症例の分析は重要な研究テーマとなります(Respir Med.100: 737-745, 2006など).
    さらに局所麻酔下胸腔鏡検査も行っています.原因不明の胸水貯留例などで,正確な診断が可能となり,今後増加が予想される悪性胸膜中皮種の診断にも有用な 検査です.胸膜疾患の病理検体の採取可能で,全国的な検体登録にも登録し,将来的には全国の登録組織の研究利用も可能です.
  • B 治療関係
  • 01.呼吸器内視鏡的インターベンション関連
    a)気管支アベレーションを用いた腫瘍焼杓術の臨床応用
    気管支鏡を用いた腫瘍焼杓術治療を試みています.これは全国的にも初めての試みです.われわれは,まずこの方法が実験的に焼杓可能であることを示し (Eur Respir J. 29:1193-1200, 2007),現在までに30名ほどの患者に臨床応用しています.この治療は,高齢者,合併症を有する患者,多発肺癌などの,早期病変であっても手術非対象 となるような患者にとって有用な治療のひとつとなると期待しています.用いるカテーテルの種類および最適な電圧設定など研究課題は多彩です.
    b)気道狭窄に対する治療の試み
    当科では,中枢気道の狭窄症例に対して,ステント挿入およびアルゴンプラズマ凝固法などによる治療に行い,その有用性を報告しています (Respirology. 11:659-62, 2006, Intern Med. 47:1117-1120, 2008など).患者の呼吸状態およびADLの改善には有用な治療と考えます.症例の蓄積を試みています.
  • 02.化学療法関係
  • 当教室独自の臨床研究結果を報告してきた(Cancer Chemother Pharmacol 54; 173-177, 2004, J Chemother 17; 550-554, 2005など)一方で,長野県内の関連施設との多施設共同臨床研究の課題も現在進行中である.例えば,高齢者に対するDocetaxelと Gemcitabine併用療法,EGFR変異陽性高齢者腺がんに対するgefitinib療法の意義,CPT-11+TS-1併用療法などが進行中で す.さらに全国的な多施設共同研究にも積極的に参加し,最近では,東京がん化学療法研究会主催の白金製剤併用DocetaxelとTS-1の無作為比較試 験に参加し,多くの症例を登録し,全国的な臨床研究の一翼を担ってきています.今新たに,東北大学主導の臨床研究や,福井大学等との共同研究にも参加して います.また,当院放射線科教室との共同研究で,手術不能局所進行非小細胞肺癌患者対象に,独自に考案した化学療法投与法と同時放射線療法併用を行い,優 れた治療成績を報告しています(Cancer Chemother Pharmacol. 2008 in press).
    胸腺がんはまれな縦隔腫瘍ですが,信州大学呼吸器内科および外科では,いままでの胸腺がんの治療経験数は,全国的に屈指に入ります.そのことから,その治 療成績を報告してきています(Am J Clin Oncol 25; 266-268, 2002, Anticancer Research. 27;3005-3008, 2007など).これらの治療経験は,全国の施設からも問い合わせが多く寄せられています.その臨床的背景と成績を踏まえて,今後は採取された組織検体を 用いて,分子生物学的あるいは遺伝子学的な背景因子と治療成績を解析することを研究課題としています.その推進のため現在病理学教室など,基礎系教室とも 連携を深めていく予定です.

このページの先頭に戻る

内科学第一講座がん研究に関する業績

  • 2004年
  • 01.Koizumi T, Yoshiike F, Inou H, Hatayama O, Sasabayashi M, Tsushima K, Yamamoto H, Hayasaka M, Kubo K: Phase I trial of bi-weekly paclitaxel and gemcitabine as second-line therapy for patients with non-small-cell lung cancer previously treated with platinum-based chemotherapy: Med Oncol: 21: 133-7, 2004
  • 02.Takamizawa A, Koizumi T, Fujimoto K, Kubo K, Maruyama Y, Kawakami S, Honda T: Primary malignant lymphoma in the posterior mediastinum: Respiration: 71: 417-20, 2004
  • 03.Tsunoda T, Koizumi T, Hayasaka M, Hirai K, Koyama S, Takabayashi Y, Fujimoto K, Kubo K: Phase II study of weekly docetaxel combined with cisplatin in patients with advanced non-small-cell lung cancer: Cancer Chemother Pharmacol: 54: 173-7, 2004
  • 04.Wakamatsu T, Koizumi T, Urushihata K, Fujimoto K, Uchikawa S, Kubo K, Iwamura A, Yazawa M: Direct Pericardial Involvement of Non-small Cell Lung Cancer Rapidly Developing Pericardial Constriction. Jpn J Clin Oncol 34: 627-9, 2004
  • 05.Yoshiike F, Koizumi T, Yoneyama A, Komatu M, Yamaguchi S, Hanaoka M, Kubo K, Eda S: Thymic squamous cell carcinoma producing parathyroid hormone-related protein and CYFRA 21-1: Intern Med: 43: 493-5, 2004
  • 2005年
  • 01.Tsushima K,Nishie A,Yoshimitsu K,Taketomi A,Honda H: Liver metastasis with apparent intratumoral superparamagnetic iron oxide uptake. Eur Radiol 15: 2203-4, 2005
  • 02.Yasuo M,Okada M,Koizumi T,Kubo K: Myocardial metastasis from primary lung cancer. Intern Med 44: 1108-9, 2005
  • 03.Yoshiike F,Koizumi T,Kitaguchi Y,Hatayama O,Yasuo M,Sasabayashi M,Wakamatsu H,Fujimoto K,Kubo K: Phase I trial of nedaplatin and paclitaxel for patients with non-small cell lung cancer. J Chemother 17: 550-4, 2005
  • 2006年
  • 01.Komatsu Y,Koizumi T,Tanabe T,Hatayama O,Yasuo M,Okada M,Yamamoto H,Kubo K,Sasabayashi M,Tsunoda T: Salvage chemotherapy with carboplatin and paclitaxel for cisplatin-resistant thymic carcinoma-three cases. Anticancer Res 26: 4851-6, 2006
  • 02.Nakamura M,Tsushima K,Yasuo M,Yamazaki Y,Honda T,Koizumi T,Fujimoto K,Kubo K: Angiosarcoma with sacral origin metastasizing to the lung. Intern Med 45: 923-6, 2006
  • 03.Tsushima K,Sone S,Hanaoka T,Takayama F,Honda T,Kubo K: Comparison of bronchoscopic diagnosis for peripheral pulmonary nodule under fluoroscopic guidance with CT guidance. Respir Med 100: 737-45, 2006
  • 04.Wakamatsu T,Tsushima K,Yasuo M,Yamazaki Y,Yoshikawa S,Koide N,Fujimori M,Koizumi T: Usefulness of preoperative endobronchial ultrasound for airway invasion around the trachea: esophageal cancer and thyroid cancer. Respiration 73: 651-7, 2006
  • 05.Yasuo M,Tanabe T,Tsushima K,Nakamura M,Kanda S,Komatsu Y,Yamazaki S,Ito M,Furuya S,Yoshikawa S,Kubo K,Kawakami S,Yamazaki Y: Endobronchial argon plasma coagulation for the management of post-intubation tracheal stenosis. Respirology 11: 659-62, 2006
  • 2007年
  • 01.Kanda S,Koizumi T,Komatsu Y,Yoshikawa S,Okada M,Hatayama O,Yasuo M,Tsushima K,Urushihata K,Kubo K,Sasabayashi M,Takamizawa A: Second-line chemotherapy of platinum compound plus CPT-11 following ADOC chemotherapy in advanced thymic carcinoma: analysis of seven cases. Anticancer Res 27: 3005-8, 2007
  • 02.Konno S,Hizawa N,Betsuyaku T,Yasuo M,Yamamoto H,Koizumi T,Nishimura M: Adult Langerhans cell histiocytosis with independently relapsing lung and liver lesions that was successfully treated with etoposide. Intern Med 46: 1231-5, 2007
  • 03.Sone S,Nakayama T,Honda T,Tsushima K,Li F,Haniuda M,Takahashi Y,Hanaoka T,Takayama F,Koizumi T,Kubo K,Yamanda T,Kondo R,Fushimi H,Suzuki T: CT findings of early-stage small cell lung cancer in a low-dose CT screening programme. Lung Cancer 56: 207-15, 2007
  • 04.Sone S,Nakayama T,Honda T,Tsushima K,Li F,Haniuda M,Takahashi Y,Suzuki T,Yamanda T,Kondo R,Hanaoka T,Takayama F,Kubo K,Fushimi H: Long-term follow-up study of a population-based 1996-1998 mass screening programme for lung cancer using mobile low-dose spiral computed tomography. Lung Cancer 2007
  • 05.Tsushima K,Koizumi T,Tanabe T,Nakagawa R,Yoshikawa S,Yasuo M,Kubo K: Bronchoscopy-guided radiofrequency ablation as a potential novel therapeutic tool. Eur Respir J 29: 1193-200, 2007
  • 06.Yamazaki S,Ebisawa S,Yasuo M,Urushihata K,Koizumi T,Fujimoto K,Kubo K: Small-cell lung carcinoma produces salivary-type amylase: a case report with review. Intern Med 46: 883-7, 2007
  • 07.Yasuo M,Furuya S,Kanda S,Komatsu Y,Tanabe T,Tsushima K,Yamamoto H,Koizumi T,Kubo K,Yokosawa S,Yamazaki Y,Kawakami S: Successful endoscopic dilatation to alleviate airway suffocation in a case with esophageal cancer after stent implantation. Intern Med 46: 1745-8, 2007
  • 2008年
  • 01.Matsubara M,Yasuo M,Tanabe T,Tsushima K,Urushihata K,Yamamoto H,Hanaoka M,Koizumi T,Fujimoto K,Kubo K,Yamazaki Y,Uehara T: Pleomorphic adenoma with an endobronchial resection. Intern Med 47: 1117-20, 2008
  • 02.Momose M,Kawakami S,Koizumi T,Yoshida K,Kanda S,Kondo R,Kadoya M: Lymphoscintigraphy using technetium-99m HSA-DTPA with SPECT/CT in chylothorax after childbirth. Radiat Med 26: 508-11, 2008
  • 03.Nakamura M,Koizumi T,Hayasaka M,Yasuo M,Tsushima K,Kubo K,Gomi K,Shikama N: Cisplatin and weekly docetaxel with concurrent thoracic radiotherapy for locally advanced stage III non-small-cell lung cancer. Cancer Chemother Pharmacol 2008 (In press)
  • 04.Tanabe T,Yasuo M,Tsushima K,Urushihata K,Yamamoto H,Hanaoka M,Koizumi T,Fujimoto K,Yamazaki Y,Hirose Y,Hamano H,Sakurai A,Kubo K: Mediastinal seminoma in a patient with multiple endocrine neoplasia type 1. Intern Med 47: 1615-9, 2008
  • 05.Tsushima K,Sone S,Hanaoka T,Kubo K: Radiological diagnosis of small pulmonary nodules detected on low-dose screening computed tomography. Respirology 13: 817-24, 2008
  • 06.Ushiki A,Yasuo M,Tanabe T,Urushihata K,Yamamoto H,Hanaoka M,Koizumi T,Fujimoto K,Kubo K,Yamazaki Y,Asano K: A rare case of a tracheal fibroepithelial polyp treated by an endobronchial resection. Intern Med 47: 1723-6, 2008
  • 07.Yasuo M,Ito M,Kobayashi Y,Tsushima K,Hanaoka M,Koizumi T,Kubo K: Primary tracheal adenoid cystic carcinoma with malignant pleural effusion. Intern Med 47: 475, 2008
  • 08.Yasuo M,Tanabe T,Komatsu Y,Tsushima K,Kubo K,Takahashi K,Kawakami S,Honda T: Progressive pulmonary calcification after successful renal transplantation. Intern Med 47: 161-4, 2008

このページの先頭に戻る