信州大学HOME

facebookenglish

Menu

採用情報

採用情報

信州大学学術研究院繊維学系 准教授 (主担当:先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース)公募のお知らせ (締切:平成29年12月8日)

2017.11.09

信州大学学術研究院繊維学系准教授 (主担当:先進繊維・感性工学科先進繊維工学コース)公募要領


1.公募の趣旨・背景
信州大学繊維学部は、わが国で唯一の繊維の名を冠する学部です。中でも、先進繊維・感性工学科の先進繊維工学コースでは、繊維工学に特化した教育と研究を推進しています。今回、先進繊維工学コースにおける教育・研究を一層推進、充実させるため、繊維工学分野、特に紡績工学及び製布工学に関する研究分野で実績を有し、絹織編物の構造と製造に関する研究経験を持ち、さらに繊維工学分野における新しい科学・技術の創出を目指した教育研究を行うことのできる人物を求めます。


2.職名・人員
准教授・1名


3.所属学系
信州大学学術研究院繊維学系


4.主担当学部等
繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース


5.研究分野 
大分類 : 複合領域
小分類 : 生活科学
細目 : 衣・住生活
キーワード : 衣生活 


大分類 : 化学
小分類 : 材料化学
細目 : 高分子・繊維材料
キーワード : 繊維材料 


大分類 : 工学
小分類 : 機械工学
細目 : 設計工学・機械機能要素・トライボロジー
キーワード : 設計工学 


6.職務
研究分野 :
繊維工学の分野において紡績工学及び製布工学に関する研究実績と業績を有し、特に絹織編物の構造と製造に関する研究経験を持ち、繊維工学分野における新しい技術の創出を目指した教育研究を行うことのできる人物を求める。


教育担当 :
1年次教育 : 新入生ゼミナール及び先進繊維・感性工学の導入教育に関連する科目を担当。
高年次教育 : 設計工学、CAD関連科目、テキスタイルデザイン及び実験実習科目を担当。
大学院教育 : 繊維集合体加工学特論、特に絹織編物、絹紡績に関連する実験実習科目を担当。


7.応募資格
博士の学位を有し、学部、大学院修士課程及び博士課程の運営と教育研究指導ができること。日本語での講義及び教育ができること。


8.採用予定日
平成30年4月1日


9.任期
任期の定め無し
定年 : 65才まで
退職日 : 定年に達した日以後における最初の3月31日


10.待遇
国立大学法人信州大学の規定に基づきます。
雇用形態 : 常勤、裁量労働制
社会保険等 : 文部科学省共済組合、雇用保険加入


11.提出書類
繊維学部ホームページまたはJREC-INの公募ページから書式をダウンロードして、作成してください。
(A) 履歴書 (写真添付)
(B) 業績調書 (研究成果の概要および着任後の抱負を含む)
(C) 業績サマリー
(D) 主要論文 (10編以内) の別刷りあるいはコピー
* (A) ~ (C) については紙とCD等による電子ファイルの両方を提出するものとする。
*原則として応募書類は返却しません。返却を希望する応募者は、その旨を明記してください。なお、応募および応募資料の機密は厳守いたします。


12.応募締切
募集締切日 : 平成29年12月8日 (金) 必着


13.選考方法
第一次選考 (書類選考) を経て、第一次選考合格者に対して第二次選考 (面接試験) を実施。
※信州大学は男女共同参画を推進しており、業績等 (研究業績、教育業績、社会的貢献ほか) 及び人物の評価において同等と認められた場合には女性を採用します。ただし、これは性別のみで優先的に採用することを認めるものではありません。


14.書類提出先
〒386-8567 長野県上田市常田3-15-1 信州大学繊維学部総務グループ 増田宛
※厳封し、封筒の表に「信州大学学術研究院 繊維学系 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース 准教授 応募書類在中」と朱書の上、簡易書留または宅配便で送付のこと。


15.問合せ先
信州大学繊維学部 先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース
コース長 木村裕和
電話 : 0268-21-5362
E-mail : hiro@shinshu-u.ac.jp


16.信州大学繊維学部のホームページのURL
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/


01_(様式3)履歴書.xls

 

02_(様式4A)業績調書.doc

 

03_(様式5)業績サマリー.xls