信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

佐藤 祐輔さん (PD) が電気化学キャパシタ国際シンポジウム (ISEECap 2019) で優秀発表賞を受賞

2019.05.24


先鋭材料研究所/化学・材料学科 ファイバー材料工学コースの博士研究員 佐藤 祐輔さん (杉本 渉 研究室) が、5月6~10日にフランス・ナント市で開催された電気化学キャパシタに関する国際シンポジウム (International Symposium on Electrochemical Enhanced Capacitors; ISEECap 2019) において優秀発表賞 (Best Presentation Award) を受賞しました。ヨーロッパで隔年開催されるISEECapは今年で第6回目の開催となり、参加者は200名を超えました。佐藤さんの受賞題目は「Improvement of cyclability of 4 V-class aqueous hybrid capacitor by aqueous "pre-lithiation" and "re-lithiation"」で、ISEECap 2019では若手研究者が行った31件の口頭発表のうち3件に対して本賞が授与されました。


研究概要 : 高容量水系ハイブリッドキャパシタに関する研究において、負極の製造工程を単純化する方法を開発し、繰り返し充放電回数を改善したことが評価されました。水溶液プレドープ法という新しい手法を考案したことで製造工程の単純化と10,000回に及ぶ充放電回数を実現し、高容量ハイブリッドキャパシタの社会実装を大きく前進させる成果を得ました。


  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ