信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

化学・材料学科 高坂 泰弘 助教がPolymer Chemistry誌注目の若手研究者に選出

2018.04.05


化学・材料学科 機能高分子学コースの高坂 泰弘 助教が、高分子化学最高峰の国際誌であるPolymer Chemistry誌 (英国王立化学協会刊行、Impact Factor : 5.375) が特集するEmerging Investigator (新進気鋭の研究者) に選出され、紹介記事学術論文が記念号に掲載されました。今回の特集では世界の若手・中堅研究者から30名を選出し、最新の総説や研究論文を招待論文として掲載しています。髙坂助教 (写真中央:左はM2宮崎 匠さん、右はD1萩原 敬人さんでいずれも共著者) は直近5年間で同誌に論文5報を発表し、うち2報はカバーアートにも採用されたことも高評価につながったと思われます。掲載された論文は高分子化学の流行とは一線を画した内容で、髙坂助教の独創的な研究が国際的に広く注目されていることを示しています。


研究概要 : 髙坂助教は有機化学の観点から新モノマー・新反応を設計し、機能高分子を開発する研究を進めています。直近の論文では、アクリル系モノマーの共役置換反応を利用した新しい重縮合反応を報告していました。今回、この反応で得られる高分子が、逆反応によって分解可能であることを見出しました。さらに、2官能性アクリルモノマーの共役置換反応により、主鎖にアクリロイル基を有するポリエステル、ポリアミン、ポリスルフィド、およびポリエーテルを合成しました。これらは共役置換反応によって低分子に分解可能でした。以上の高分子合成・分解は室温・空気中の穏和な条件下で実施可能で、医療材料やレジスト材料、硬化剤等への応用が期待されます。

  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ