信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

上前真弓さん (D3) らの発表論文が日本感性工学会技術研究賞を受賞

2015.09.07

 

感性工学課程 上條研究室に所属する上前 真弓さん (D3) が筆頭著者で日本感性工学会論文誌に発表した論文「腹部への被服圧が心身に与える影響とその閉眼・開眼における比較」が日本感性工学会 技術研究賞に選ばれ、9月1日 (火) に文化学園大学で表彰式が行われました。この技術研究賞は、前年1月から12月までの「International Journal of Affective Engineering」または「日本感性工学会論文誌」に所載のOriginal Articles (原著論文) の中で、創意があり、技術的に高い価値を有すると認められた論文1編に対して贈られます。 


受賞対象論文:「腹部への被服圧が心身に与える影響とその閉眼・開眼における比較」上前 真弓, 上前 知洋, 上條 正義. 日本感性工学会論文誌, 13 (2), 403-409 (2014).

 

上前真弓受賞.png