信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

武漢紡織大学紡織工学院 (中国・湖北省) と包括連携協定を締結

2014.11.11

  信州大学繊維学部は11月3日、中国・湖北省武漢市の武漢紡織大学紡織工学院と包括連携協定(MOU)を結んだ。学生の交換留学、教員の相互派遣を実施するとともに、共同研究を推進する。
  濱田州博・学部長ら教員3人が同大学を訪問。講義室で協定調印式を開き、濱田学部長と易長海・紡織工学院院長がMOUに調印した。調印式に先立って、信大繊維学部の研究・教育内容の説明会を開催、約200人の学生が集まった。説明に対し、学生からは数多くの質問が寄せられ、関心の高さをうかがわせた。
  武漢紡織大学は1958年設立の総合大学。中国の中・南西部において繊維関連の名称を持つ唯一の大学で、学生数は大学院生も含めて48000人に上る。信大繊維学部と同じく、欧州繊維系大学連合(AUTEX)の準加盟メンバー(中国では唯一)。
  信大繊維学部とは2013年から教員の相互訪問、講演などを通じて交流を開始。信頼関係が深まって、今回のMOU締結に至った。

 

 

261111_2.jpg


写真=連携協定に調印し、濱田州博・信大繊維学部長(前列右)と、易長海・武漢紡織大学紡織工学院院長(同左)を囲んで記念撮影する、両大学代表