信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

本学名誉教授 榎本祐嗣 先生が叙勲により「瑞宝中綬章」を受章

2014.11.07

  2003年から2009年まで本学繊維学部にて教鞭をとられた榎本祐嗣先生が叙勲され、瑞宝中綬章を受章されました。おめでとうございます。

  榎本先生は、広島大学理学部のご出身で広島大学大学院で理学博士の学位を受けられた後、当時の通商産業省工業技術院機械技術研究所に入所されました。その後、1999年名古屋工業技術研究所長、2000年独立行政法人産業技術総合研究所理事・中部センター所長を経て、2003年4月より信州大学繊維学部機能機械学科教授として着任されました。学部長補佐、評議員を歴任され大学の発展にも尽くされました。ユニークな研究と温かいお人柄で学生にも親しまれ、2009年3月定年退職された後には富山県工業技術センター所長となられましたが、本年4月より信州大学特任教授(研究)として再び繊維学部に戻って来られました。

  ご専門はトライボロジーですが、地震にともなう電磁気現象にも造詣が深く、現在も研究を続けておられます。技術史も守備範囲で、古書や古い道具なども集めておられます。特に繊維学部着任後は蚕業・製糸に関する歴史的な資料を積極的に集められました。その一部は榎本コレクションとして現在繊維学部図書館に収蔵されています。