信州大学HOME

facebookenglish

Menu

繊維学部附属農場

目的・目標

目的

天蚕繭

天蚕繭

附属農場は、繊維原料・素材等に関する学術理論を技術化するとともに、フィールドサイエンスに関わる研究教育を通じて、豊かな人間性を有し、探究心旺盛で創造的な人材育成を行い、あわせて地域の振興に寄与することを目的としています。

担当業務内容

・繊維関連動植物(地域特産物含む)の栽培、育成及び保存に関すること
・フィールドサイエンスに係る学生の教育、実習及び研究指導に関すること
・環境・エネルギー問題に係る研究及び開発に関すること
・生物資源の有効利用に係る研究に関すること
・遺伝子組換え体の安全性に係る評価及び研究に関すること
・農場の開放利用及び地域との連携促進に関すること
・その他前項目の目的達成のため必要な業務に関すること

目標

1) フィールドを利用した教育・研究を推進する
  ・実験実習・研究の場として系・課程を越えたフィールド利用の推進
  ・農場生産物の加工に関する研究事業の推進
  ・桑成分の有効利用に関する研究事業の推進
  ・微生物資源の有効利用に関する研究事業の推進
2) 効率的な業務運営を推進するため、柔軟な組織編制を行う
3) 経費の抑制、コスト削減を考慮した経費の削減を推進する
4) 広報活動を積極的に展開する