沿革

大正8年創立の旧制松本高等学校は、新制下で信州大学文理学部となり、これを母体として、昭和41年4月に理学部が発足し平成7年4月に新たに改組されました。

本学部は、数理・自然情報科学科、物理科学科、化学科、地質科学科、生物科学科、物質循環学科の6学科から成る自然科学の基礎部門を受け持つ学部であります。

研究目的は自然界を支配する法則を実験的に、あるいは理論的に導き出すことであり、また、さらにその内容を深く究明することにあります。これは他大学の理学部と同様ですが、本理学部は地理的条件からくる特質をいくつかもっています。すなわち、豊富な自然にめぐまれ山岳や陸水の実験に適すること、宇宙線等の観測に適すること、また、自然と近くに接することによって真理を追求する姿勢と意欲を涵養できることなどです。自然の分野での基礎研究は、人間社会の未来を支えるものであります。

理学部沿革

1919(大正 8年) (旧制)松本高等学校設立
1949(昭和24年5月) 信州大学(新制)が発足する 文理学部
1965(昭和40年4月) 附属臨湖実験所を設置
1966(昭和41年4月) 文理学部が改組され、理学部と人文学部を設置
発足時の学科は
  • 数学科(代数学、幾何学、解析学、位相数学講座)
  • 物理学科(素粒子物理学、統計物理学、電子物理学講座)
  • 化学科(分析化学、無機化学、有機化学講座)
  • 地質学科(第四紀学、応用地質学講座)
の4学科および共通科目として動物学と植物学の分野を設置
1967(昭和42年4月) 理学部物理学科に物性物理学講座を増設
1968(昭和43年4月) 理学部地質学科に地質学講座を増設
1969(昭和44年4月) 理学部化学科に物理化学講座を増設
1970(昭和45年4月) 理学専攻科(数学専攻、物理学専攻、化学専攻、地質学専攻)を設置
1973(昭和48年4月) 理学部地質学科に地球化学講座を増設
1975(昭和50年4月) 理学部に生物学科(発生学講座、生理学講座)を増設
理学部地質学科の応用地質学講座を層位学講座に、地質学を構造地質学講座に改称
共通科目を廃止
1976(昭和51年4月) 大学院理学研究科(修士課程)(数学専攻、物理学専攻、化学専攻、地質学専攻)を設置
1976(昭和51年5月) 理学部生物学科に生態学講座を増設
1977(昭和52年4月) 理学部数学科に関数解析学講座を、生物学科に高地生物学講座を増設
1979(昭和54年4月) 大学院理学研究科に生物学専攻を増設
1992(平成 4年10月) 理学部地質学科に物質循環講座を増設
1993(平成 5年4月) 理学部数学科に自然情報学講座を増設
1995(平成 7年4月) 6学科制発足
理学部数学科、物理学科、化学科、地質学科、生物学科の5学科から数理・自然情報科学科、物理科学科、化学科、地質科学科、生物科学科、物質循環学科の6学科に改組
1998(平成10年4月) 大学院理学研究科を廃止し大学院工学系研究科博士前期課程3専攻(数理・自然情報科学専攻、物質基礎科学専攻、地球生物圏科学専攻)を設置
理学系の博士課程を設置
大学院工学系研究科博士後期課程に地球環境システム科学専攻を増設
1999(平成11年) 信州大学創立50周年
2002(平成14年4月) 理学部附属臨湖実験所を山地水環境教育研究センターに改称
2004(平成16年4月) 国立大学法人 信州大学となる
2005(平成17年4月) 大学院総合工学系研究科(後期3年のみの博士課程)を設置
大学院工学系研究科博士前期課程を大学院工学系研究科(修士課程)に改称
2012(平成24年4月) 大学院工学系研究科を廃止し大学院理工学系研究科(修士課程)を設置
2015(平成27年4月) 6学科を2学科(数学科,理学科)7コース(数理科学,自然情報学,物理学,化学,地球学,生物学,物質循環学)に改組