理学部ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

理学部

信州大学理学部の理念と目標に則り、以下の知識と能力を充分培った学生に「学士(理学)」の学位を授与します。

  1. 自然界の多種多様な現象に常に知的好奇心と探究心を抱く素養。[自然科学の基礎知識]
  2. それぞれの専門分野についての深い知識を有するとともに、専門分野を越えた課題にも柔軟に対処できる、広い視野と適応性を兼ね備えた、社会に役立つ知識と能力。[各学科の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)]
  3. 自然と調和の取れた科学の発展に貢献できる能力。 [自然科学に関する知識の応用]

数学科

数学科の理念と目標に則り、以下の能力と見識を充分に培った学生に対して、「学士(理学)」の学位を授与します。

  1. 数理科学的な問題ないし自然界の多種多様な現象に対して、常に変わらぬ知的好奇心と探求心を抱き、理学を継続的に学習してゆかんとする意志力。
  2. 数学および自然情報学の専門知識を修得し、かつ、それを応用駆使する修練を充分に積み重ねており、様々な状況に直面した場合、自らの課題を発見し、培ってきた自身の数理学的知性に基づく総合的な判断・対処ができる、高度専門職業人としての能力と見識。
  3. 数学の文化的基盤を支え、理学の普及に、また、自然との調和が取れた科学の発展に貢献し得る意志力と見識。

理学科

理学科の理念と目標に則り、以下の知識と能力を充分に培った学生に対して、「学士(理学)」の学位を授与します。

  1. 自然科学を通して、自然を愛し理解するための幅広い知識と理解力。
  2. 専門知識に基づく論理的な思考力とともに、分野を越えた課題にも柔軟に対処できる適応性と応用力。
  3. 自然との調和を重んじ、科学の発展に貢献できる能力と見識。