理学部カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

理学部

本学部は、学部の理念と目標に則り、以下の方針でカリキュラムを編成し教育を実施します。

  1. 共通教育においては、教養科目と基礎科目を通して幅広い人文・社会科学の教養ならびに国際的なコミュニケーション能力を身につける教育を行います。
  2. 専門教育では、学科共通科目である基礎理学科目とグリーンサイエンス科目を通して自然科学の幅広い基礎知識を身につけるとともに、学生自ら選択した学位取得ルートに従い、それぞれの専門分野を中心に基本的な原理を理解し、多様な数理や自然現象についての知識とそれらを解析する実践的な能力と論理的な思考力を養います。
  3. 最終年次は、それぞれの分野の専門知識をさらに深め、先端的な研究ならびに境界領域の研究に触れつつ、研究の方法を学ぶとともに、自由な発想と柔軟な創造力を養う教育を行います。

数学科

数学科のカリキュラムは、当学科のディプロマ・ポリシーのもと、次の項目を意識して作成されています。

  • 学生の成長に効果的な授業課程
  • 個々の学生に行き届く指導体制
  • 基礎学力の養成
  • 社会人として不可欠な能力の養成

1年次・2年次前期では、豊かな教養を身につけるとともに、数学・自然情報学への入門をはたします。2年生後期以降では、次の2コースの一方を選択し、そのコースの授業課程にしたがって履修します。

数理科学コース:数学における代数系・幾何系・解析系の学習をする。
自然情報学コース:自然科学との有機的関連を意識しながら数理科学の学習をする。

それぞれのコースでは、「標準」「学際」「先進」の3つの教育プログラムが用意され、2年次後期以降に、学生が自らプログラムを選択しそれに従って学習をすすめます。

標準プログラムでは、2年次後期・3年次に各コースの基礎的な知識・能力を修得します。4年次では卒業研究を選択し数理科学の専門分野をより深く学ぶこと、または数理科学および関連領域の分野をより広く有機的、総合的に学ぶことが可能です。
学際プログラムでは、4年次に卒業研究を行う代りに、自ら定めた履修計画に従って複数のコースや理学科の開講科目を履修し、広い視野で数理科学を学びます。
先進プログラムでは、標準プログラムで用意されている授業に加え、専用に用意されているアドバンス科目を履修することにより高度な専門知識とスキルを習得します。本学大学院理工学系研究科進学予定者は、4年次には大学院の授業科目を先取り履修することも可能です。

理学科

理学科のカリキュラムは、当学科のディプロマ・ポリシーのもと、次の項目を意識して作成されています。

  • 個々の学生のニーズに応じた効果的な授業課程
  • 個々の学生に行き届く指導体制
  • 基礎学力の養成
  • 社会人として不可欠な能力の養成

1年次では主に、豊かな教養を身につけるとともに、自然科学の基礎とグリーンサイエンスの入門を学習します。
2 年次以降は「物理学」、「化学」、「地球学」、「生物学」及び「物質循環学」のいずれかのコースに軸足を置きつつ、自ら選択したカリキュラムにしたがって 学習します。これを通してそれぞれの専門分野を中心に基本的な原理を理解し、多様な数理や自然現象についての幅広い知識とそれらを解析する実践的な能力と 論理的な思考力を養います。
最終年次は、それぞれの分野の専門知識をさらに深め、先端的な研究ならびに境界領域の研究に触れつつ、研究の方法を学ぶとともに、自由な発想と柔軟な創造力を養う教育を行います。