お知らせ

総合工学系研究科博士課程3年の中村佳昭さんの研究成果が米国物理学会誌Physical Review Lettersに掲載されました

お知らせ

図1.太陽の影の2次元マップ
図1.太陽の影の2次元マップ
図2.図1.の太陽の影の中心の南北方向のズレの角度を、横軸の宇宙線のエネルギーの関数としてプロットした図
図2.図1.の太陽の影の中心の南北方向のズレの角度を、横軸の宇宙線のエネルギーの関数としてプロットした図

総合工学系研究科博士課程3年の中村佳昭さんの研究成果が、米国物理学会誌Physical Review Letters(1月16日付)に掲載されました。
この成果は、理学部宗像一起教授、加藤千尋准教授らが参加する中国チベット高原での日中共同実験により、世界で初めて高エネルギー宇宙線の「太陽の影」を用いて太陽磁場の強さを明らかにしたものです。
詳しくはこちらをご覧ください。

※日中共同実験の日本側参加機関は以下の通り(論文の掲載順)。
1.弘前大学理工学部
2.中国科学院高能物理研究所
3.中国科学院国立天文台
4.チベット大学数学物理学科
5.河北師範大学物理学科
6.山東大学物理学科
7.西南交通大学近代物理研究所
8.神奈川大学工学部
9.宇都宮大学教育学部
10.甲南大学理工学部
11.早稲田大学理工学術院
12.横浜国立大学工学部
13.信州大学理学部
14.東京大学宇宙線研究所
15.宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所
16.中国気象局国立宇宙天気センター
17.山東農業大学情報理工学部
18.埼玉大学
19.国立情報学研究所
20.作新学院大学
21.中国石油大学理学部
22.東京都立産業技術高等専門学校
23.マックス・プランク研究所
24.ヤチャイ工科大学物理科学ナノテクノロジー学部
25.日本大学生産工学部
26.湘南工科大学
27.日本原子力研究開発機構

前へ 

一覧にもどる

 次へ