お知らせ

信州大学自然科学館公開講座2017(平成29年度 JST未来共創イノベーション活動支援)第4回を開催しました

お知らせ

平成29年12月9日(土)に、信州大学自然科学館公開講座2017の第4回を開催しました。今年度は、JST未来共創イノベーション活動支援(国の事業)に採択され、「防災サイエンス」と題し、自然災害に焦点を当てた講座を全4回ご用意しました。

第4回は、信州大学教育学部から 竹下欣宏 准教授をお招きして、「河原の石ころから探る地域の災害」というタイトルで講演いただきました。
一般市民、信州大学生など35名が参加しました。
今回は講義形式とは異なり4つのグループを作り、テーブルに置かれた石とコミュニケーションを取る試みを行いました。石に水を付けて触る、釘でこする、観察する、また、分からないことがあれば参加者の皆さんや先生と話し合う、というコミュニケーションが活発に行われました。また、竹下先生からは、河原の石、形状を知ることは河川の流れを推測でき、災害対策の助けになる、というお話がありました。

今年度の自然科学館公開講座は、終了となります。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
また、次年度も開催を予定しておりますので、是非、足をお運びいただければ幸いです。

前へ 

一覧にもどる

 次へ