お知らせ

文部科学省主催「第5回サイエンス・インカレ」に理学部から2名の学生が採択されました。

お知らせ

理学部物理学科3年の北山佳治さんと、生物科学科3年小池花苗さんが、3月5・6日に神戸国際会議場で開催される文部科学省主催「第5回サイエンス・インカレ」に出場することが決定しました。書類選抜を通過し、ポスター発表を行います。

「サイエンス・インカレ」は、学生の能力・研究意欲を高め、創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的に、自然科学分野を学ぶ全国の学生が自主研究の成果を発表し競い合う場として、平成23年度から開催されています(サイエンス・インカレWebサイトより)。

本学部では、通常授業とは異なるより高度な、またはより特殊な演習・実験・実習に対して研究費を支援し、学生の意欲、理学部の教育の質の向上につなげることを目的とし、「理学部公募型アドバンス演習・実験・実習」を実施しており、今回の出場もその支援を受けて研究を実施した成果となります。

採択された研究テーマは以下のとおりです。

「身近な熱から電気を作る ~ゼーベック効果による温度差発電の実用化を目指して~」
物理学科3年 北山佳治

「ユニークな生態を持つ稀少昆虫・カマキリモドキ類の分子系統解析」
生物科学科3年 小池花苗

前へ 

一覧にもどる

 次へ