お知らせ

平成27年度 信州大学理学部地質科学科 卒業研究発表会プログラム

信州大学理学部地質科学科 卒業研究発表会プログラム
2016年2月9日(火) 9:15〜16:35 
 10日(水)  9:15〜11:10
(会場:理学部講義棟 1番教室)

-------- 2月9日(火)--------
座長:大塚
9:15-9:30  櫻井宏樹 「新潟県南魚沼郡四十日地域の地質と中期ー後期鮮新世における対馬暖流流入時の底層環境」
9:30-9:45  小原一馬 「貝形虫群集に基づいた中海の過去2800年間の古環境変遷」
9:45-10:00  梅村将斗 「淡水貝形虫群集と水生植物の関係」
10:00-10:15 角張友律 「地震探査断面とコア記載の対比ーニュージーランド,カンタベリー堆積盆地更新統におけるシーケンス層序ー」

      休憩(10分)      
座長:常盤
10:25-10:40 杉山浩貴 「新潟県松之山地域の東川層に産する菱鉄鉱ノジュールについて」
10:40-10:55   奈良舜也 「新潟県十日町市松之山の須川層に産するリン酸塩ノジュールの成因について」
10:55-11:10  竹之内智貴「新潟県松之山地域の田麦川層に産する方解石ノジュールについて
11:10-11:25  黒澤克彦 「飯山市富倉地域に産する燐酸塩ノジュールについて」
11:25-11:40  渡部晃太朗 「長野県別所温泉地域の別所層に産するノジュールについて」 
11:40-11:55    宮澤瑞希 「別所層における赤怒田および穴沢石灰岩の鉱物構成」 

お昼休憩(65分)
座長:牧野
13:00-13:15  志村侑亮 「紀伊半島中央部に分布する四万十帯白亜系麦谷層の地質と地質構造」
13:15-13:30  水戸創也 「紀伊半島中央部に分布するアウトオブシーケンススラスト周辺の地質と地質構造」
13:30-13:45  太田明里 「四万十帯白亜系湯川付加コンプレックスの変形構造および堆積年代」
13:45-14:00  松村健志 「四万十帯白亜系赤石層群の地質と地質構造」
14:00-14:15 丹下輝道 「種子島に分布する四万十帯熊毛層群の地質構造」

休憩(10分)
座長:保柳
14:25-14:40  中嶋徹 「西部~中央ネパール、南部シワリク層群下部における砂岩記載と地域間比較」
14:40-14:55 大﨑愛 「IODP354次航海、ベンガルファンから採取された深海砂の重鉱物組み合わせ」 
14:55-15:10 加藤祐輝 「白馬村南部の地質と神城断層」
15:10-15:25 佐藤翔  「神城断層と白馬村北部の地質」
   休憩(10分)
座長: 吉田
15:35-15:50   堂井省吾 「甲府花崗岩体北縁の地質」
15:50-16:05   池松瑞穂 「北アルプスにおけるコマクサの生育環境」
16:05-16:20  成田冴理 「御嶽山2014年噴火噴出物の記載岩石学
16:20-16:35 大和慧悟 「板状節理の成因について」


-------- 2月10日(水)--------
座長:原山
9:15-9:30   長山駿太「加賀井温泉一陽館における炭酸カルシウムの沈殿について」
9:30-9:45   大谷祐太朗「長野県、諏訪鉄山における褐鉄鉱」
9:45-10:00  井上友暁「スフェルライトの構成物」
10:00-10:15 宮田真弓「和田峠火道流紋岩質マグマの冷却過程」

   休憩(10分)
座長: 山田
10:25-10:40  片山みほ子 「アルカリ長石の発色原因」
10:40-10:55  家田満留 「ファイアーオブシディアンの特異な構造 」     
10:55-11:10 奥野ゆかり「ラブラドライトの閃光とその組織」


    (終了)

1人の持ち時間15分 (発表時間:12分 質疑応答:3分) /(1鈴10分, 2鈴12分)


前へ 

一覧にもどる

 次へ