お知らせ

信州数理物理セミナー(2013年度の記録)

数学科

2013年度に開かれた信州数理物理セミナーの記録です.

日時:2013年5月13日(月)15:00~16:30

講演者:五味 清紀 氏 氏(信州大学理学部)

講演題目:Introduction to Costello's formulation of perturbative quantum field theory

会場:数理・自然情報合同研究室(A-401)

日時:2013年8月29日(木)16:00~

講演者:濱田 裕康 氏(九州大学)

講演題目:合成作用素とC*環

会場:松本キャンパス 数理・自然情報合同研究室(理学部A棟4F西端)

日時:2013年10月29日(火)15:30~

講演者:新國 裕昭 氏(前橋工科大学)

講演題目:ジグザグナノチューブに付随する量子グラフ上の周期的シュレディンガー作用素のスペクトルについて

会場:信州大学若里キャンパス,工学部図書館2階,セミナー室

日時:2014年2月14日(金)15:30~

講演者:宮西 吉久 氏(大阪大学基礎工学研究科)

講演題目:Remarks on low energy approximations for Feynman path integrals on the sphere

会場:松本キャンパス 数理・自然情報合同研究室(理学部A棟4F西端)

詳しくは,信州数理物理セミナーのページをご覧ください.

前へ 

一覧にもどる

 次へ