お知らせ

3/14(金)開催:数理科学談話会「水素同位体の量子分子篩(ふるい)
     -分子シミュレーションによるアプローチ-」

学科イベント

 理学部では,教員や学生が専門分野や学科の枠を越えて学問的な交流を進める契機となるような,「数理科学をキーワードとする講演会シリーズ」を企画しています。
 最先端の研究テーマに取り組む講師の方々には,非専門家や学生の皆さんにも無理なく理解できるように,易しい語り口で話すようにお願いしています。
 お気軽にお越し下さい。

 

日 時:2014年3月14日(金)14:00-15:30

会 場:理学部「数理・自然情報合同研究室」(理学部A棟4F西端)

講 師:田中秀樹氏

 (京都大学大学院工学研究科 講師)

講師の研究分野: 吸着工学

主 催:理学部「数理科学プロジェクト」

信州数理科学研究センター(代表 井上和行)
http://math.shinshu-u.ac.jp/~center/index.html

 

<題 目>

「水素同位体の量子分子篩 -分子シミュレーションによるアプローチ-」

 

<要 旨>

水素(H)の安定同位体である重水素(D)は,重水素化医薬品,LSIの長寿命化,光ファイバーの透過率向上など様々な分野での応用が期待されていますが,化学的性質の極めて似通った水素と重水素を分離することは難しく,その分離プロセスは高コストとなることが知られています。しかし,質量の小さな分子では,低温下においてその波動性を無視することができなくなる(量子力学的効果)ことを利用すると,H2分子とD2分子における物理化学的性質の違いを際立たせることができます。つまり,D2分子よりも質量の小さなH2分子では,熱ド・ブロイ波長が長くなり,その有効分子径が大きくなることから,極微細な細孔を有する多孔質材料を用いることでH2とD2をふるい分けることが可能となります。これが「量子分子篩(ふるい)」の概念です。
 我々は,この量子分子篩を実現する多孔質材料を探索・創製することを目的とし,分子シミュレーションを用いた検討を進めています。
 本講演では,そのシミュレーション手法と,量子分子篩材料として有望であることが明らかとなった,いくつかの多孔質材料について紹介をします。

 

<キーワード>

 水素同位体分離,量子力学的効果,吸着,分子シミュレーション

 

企画世話人:飯山 拓氏(理学部 化学科)

前へ 

一覧にもどる

 次へ