お知らせ

12/21(土)開催:サイエンスポッド信州2013 「ヒッグス粒子とその発見」

学科イベント

 信州大学理学部、信州大学自然科学館では、今年のノーベル物理学賞「ヒッグス粒子」を多くの市民に知ってもらうために、以下のような催しを企画しました。
参加自由です。お気軽にお立ち寄りください。 

 

 

サイエンスポッド信州2013

 

日 時:2013年12月21日(土)13:30-16:30

会 場:松本市中央公民館(Mウイング) 3階
       松本市中央公民館(Mウイング)の場所はこちらからご確認ください。

       松本市HP 施設案内 中央公民館(Mウイング)

 

<題 目>

「ヒッグス粒子とその発見」

 

<要 旨>

 ヒッグス粒子の生い立ち、役割と実験的発見の物語を多くの人に分かりやすくお話し、関連グッズを展示します。 2013年度のノーベル物理学賞は ピーターヒッグス氏とフランソアエングレー氏が受賞しました。受賞理由は「素粒子における質量の起源を理解するメカニズムへの理論的発見」に対して贈られるとされていますが、それは「最近CERNのラージハドロンコライダー(Large Hadron Collider)で行われたATLASとCMS、2つの実験を通じて確認された」というもので、存在を予言した理論家が実験の確認直後に受賞しました。
 今回は、理論的側面と実験的側面の2つの講演によりこのヒッグス粒子のその発見に迫り、今後の宇宙の理解の進化を体感していただく試みです。

 

<講 演>

14:00-14:30 「ヒッグス粒子とは」 :川村嘉春 信州大教授

15:00-15:30 「ヒッグス粒子の発見」:長谷川庸司 信州大准教授


<展 示>

ヒッグス粒子を発見した
   (1)ATLAS実験装置のレゴ模型
   (2)LHC加速器のビデオ
   (3)CERN研究所やATLAS実験のパネル
などなど多数展示します。

 

主  催 :信州大学理学部、信州大学自然科学館

問合せ先:理学部物理科学科 竹下徹  0263-37-2898

前へ 

一覧にもどる

 次へ