お知らせ

修士論文中間発表会が行われました

地球学コース

信州大学大学院工学系研究科地球生物圏科学専攻

2012年度修士論文中間発表会プログラム

2013年 2月6日(水) 14:10~15:40 理学部講義棟1番教室

2月7日(木) 09:30~12:20 理学部講義棟1番教室

1人の持ち時間15分(発表時間:12分 質疑応答:3分) 1鈴10分, 2鈴12分

2月6日(水) 14:10~15:40

14:10  児玉 瑞木     日本海における2.75Maの汎世界的寒冷化による
                            貝形虫化石群集への影響
14:25   伊藤 振一郎  貝形虫Finmarchinella japonica species groupの再分類
14:40   田中 清明   室内実験における貝形虫殻の移動
14:55   中村 めぐみ   ニュージーランドカンタベリー堆積盆地における鮮新
               -更新統の貝形虫化石群集を用いた海水準変動の復元
15:10  小林 由季    有機物の安定炭素同位体比変動を利用した年代推定の試み
 15:25   関 めぐみ     ファンデルタシステムによる陸棚斜面の前進埋積過程と相対的              
                              水準変動―長野県北部高府向斜西翼地域の中新統・鮮新統―

2月7日(水) 09:30~12:20

09:30   井上 篤       上高地・槍穂高地域に存在する活断層と地形発達史
09:45   小池 祐貴   白亜紀末期における多斑晶質流紋岩の温度・含水量

10:00 天藤 寛子   濃飛流紋岩のマグマ特性

- 休憩 10分 (10:15 -10:25) -

10:25   松岡 清香 上高地地域の湧水特性と化学的風化の進行過程

10:40   福田 真実子 日光男体山の弁天河原火砕流堆積物中にみられる

                            マグマ混合について
10:55   吉川 耕平    アマゾナイトの着色原因について

- 休憩 10分 (11:10 - 11:20) -

11:20   佐々木 拓也  上高地徳沢地域における斜面変動と地形・地質
11:35   加藤 有紗     長野県美濃帯東部付加コンプレックスにみられる岩石変形
11:50  峠 いつみ     長野県松本市街地北方城山丘陵の地質
12:05  山岸 由佳     松本盆地南東部中山丘陵の地質

12:20 終了

前へ 

一覧にもどる

 次へ