数理科学への誘い

信州大学の先生たちから数学の魅力または、
数理科学への道にすすむきっかけをお聞きしました。

中山 一昭

印象に残っている定理や理論などを教えてください

高校生のころ勉強したことで印象に残っているのは、ありきたりだけれども、微分積分と線型代数(ベクトルや行列のこと)。最近は大学1年生でしっかりやることになっていますが、当時は高校でもそれなりにやっていました。

数理の道に進むきっかけは?

高校生のころは天文学に関心がありました。そこで手にしたばかりの武器である微分積分と線型代数を使って惑星の運動などを計算してみる訳です。高校の範囲だけでは少し知識が足らないので、大学で使うような副読本のなるべく薄いものを神田の本屋さんで購入し、それを見ながらやってみると、何と惑星の運動を記述するケプラーの法則が出てくるではないか!「自然は数学という言葉で書かれている」というガリレオの言葉は正しかった!数学は素晴らしい!という感動が、現在に繋がっているような気がします。

どのような性質をもった定理や理論に、数学的な「美」を感じますか?

数学には数学だけで閉じた世界があると思います。それは均整の取れた孤高の世界です。理論は淀みなく流れ、定理は確信とともに聳え立つ、という感じでしょうか。一方で実在の世界は「数学の言葉で書かれている」のかも知れないけれども、大抵は複雑に物事が絡み合っていて良く分からない。しかしながら、これを丁寧に解きほぐして行くと何らかの調和が立ち現れることがあります。そこに実在世界と理想世界の接点が見えてくる。「イデア」が現実となる訳です。理想と実在との融合、これらの織りなすハーモニーに美を感じるという言い方では、設問の主旨から少しずれているかも知れませんね。

数学科 自然情報学分野 中山 一昭 Link

理学部クエスト 非線形性に潜む構造
職名 准教授
略歴 1991 年東京大学理学部物理学科卒業
1993 年同大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了,博士課程進学
1995 年信州大学理学部数理・自然情報科学科助手
1997 年東京大学大学院理学系研究科博士(理学)
ホームページ http://math.shinshu-u.ac.jp/~nakayama