数理科学への誘い

信州大学の先生たちから数学の魅力または、
数理科学への道にすすむきっかけをお聞きしました。

筒井 容平

印象に残っている定理や理論などを教えてください

複素解析学で習う、Cauchy の積分定理です。良い性質を持つ函数を円などの上でぐるっと1周積分すると、値は$0$になるというのは感覚的に理解できず、とても印象に残っています。複素変数の函数か何が起こるかわからないという気持ちがあり、いまでも苦手意識があります。今では、私に研究では実変数の函数を主に扱いますが、たまに複素変数の函数が現れると普段より慎重になります。

数理の道に進むきっかけは?

小学校の頃から算数は得意な科目でした。数学に進むのを意識しだしたのは、中学校の頃です。そのころは漠然としていましたし、特に数学を自分で勉強していたわけではありません。大学は数学科に進み、そのときおられた解析の先生の授業が楽しく思えて解析に進むことを決めました。

どのような性質をもった定理や理論に、数学的な「美」を感じますか?

私の分野では込み入った計算が必要となりますが、そういった計算を経ずに深い結果を導くことには「美」を少しは感じますが、あまり「美」を数学の中に意識したことはありません。地道にこつこつやっていくほうが自分に合っていると思いますので、解析に進んでよかったんだと思います。

数学科 解析学分野 筒井 容平

理学部クエスト 実解析学と偏微分方程式論
職名 助教(テニュアトラック)
略歴 2006年:愛媛大学 理学部 数理科学科 卒業
2008年: 大阪大学大学院 理学研究科 数学専攻 博士前期課程 修了
2011年: 大阪大学大学院 理学研究科 数学専攻 博士後期課程 修了
2012年度: 大阪大学大学院 理学研究科 数学専攻 招聘研究員 / 東北大学大学院 理学研究科 研究支援者
2013 - 2014年度: 日本学術研究員特別研究員 (PD)
2015年度: 東京大学大学院 数理科学研究科 特任助教
2016年度: 信州大学 理学部 数学科 助教(テニュアトラック)