数理科学への誘い

信州大学の先生たちから数学の魅力または、
数理科学への道にすすむきっかけをお聞きしました。

谷内 靖

印象に残っている定理や理論などを教えてください

大学生の時に学んだ定理の中ではアスコリ・アルツェラの定理が印象に残っています。これは非常に荒っぽく言うと、ある条件のもとで、有界な連続関数の列が(適当な意味で)で同じような連続性を持つならば、(適当な意味で)収束する部分列が存在するという定理です。最初に学んだときには、この定理がどのように威力を発揮するのか全く知らなかったのですが、証明方法に魅力を感じ印象に残りました。大学院に進んでから、私の研究している微分方程式の分野では、この定理が非常に有力なものであることを知り、さらに魅力を感じました。

数理の道に進むきっかけは?

やっぱり数学が好きだったからです。

どのような性質をもった定理や理論に、数学的な「美」を感じますか?

物理学にあらわれる微分方程式を研究しているため、物理的な意味を持った定理に「美」を感じます。

数学科 解析学分野 谷内 靖 Link

理学部クエスト 流体の流れの解析
職名 教授
略歴 1993 年名古屋大学理学部物理学科卒業
1995 年名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士課程前期課程修了
1998 年名古屋大学大学院多元数理科学研究科博士課程後期課程 修了 
ホームページ http://math.shinshu-u.ac.jp/~taniuchi