数理科学への誘い

信州大学の先生たちから数学の魅力または、
数理科学への道にすすむきっかけをお聞きしました。

高木 啓行

印象に残っている定理や理論などを教えてください

複素数平面:はじめて複素数を学んだとき,私には,複素数は理論上の仮想的な数にしか思えませんでした。特に「虚数」という言葉がその印象を強めたように思われます。ところが,複素数平面を知った途端に,複素数が目に見えてわかるようになり,目から鱗が落ちたようでした。さらに,大学に入って関数論を学ぶと,複素数の奥深さに圧倒されました。

数理の道に進むきっかけは?

私は,もともと高等学校の数学教員を目指していて,大学生のときは教育学部で数学を勉強しました。大学の数学も理解できてくると無性におもしろく,知らず知らずのうちに現職に向かっていました。大学の環境がすごく良く,その影響も少なからず受けていると思います。

どのような性質をもった定理や理論に、数学的な「美」を感じますか?

「端的にスバッと述べられた定理」に美を感じます。そのような定理は,たいてい応用範囲が広く,思いもよらない分野の問題解決に役立ったりします。そんなときには,ますます美しさを実感します。

数学科 解析学分野 高木 啓行 Link

理学部クエスト やっぱり数学が好き!!
職名 教授
略歴 1985 年早稲田大学教育学部理学科卒業
1991 年早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻後期課程単位取得博士(理学)
1988~1991 年早稲田大学教育学部助手
1992 年信州大学理学部助手
1995 年同講師
2001 年同助教授
2006 年同教授