数理科学への誘い

信州大学の先生たちから数学の魅力または、
数理科学への道にすすむきっかけをお聞きしました。

栗林 勝彦

印象に残っている定理や理論などを教えてください

座標幾何学(解析幾何学)です。直線や円を方程式で表して、図形の性質を考察するあの数学です。計算は大変になるけれど、天才的な発想で補助線を引く事なしに結果が見えるわけです。こうした考え方に出会った時は驚きました。

数理の道に進むきっかけは?

数学がただただ好きだった事、大学生時代に代数学やトポロジーという数学にで出会った事、常に数学について議論出来る仲間や先輩そして先生方が周りにいた事、どれもこの道を選んだきっかけになっていると思います。

どのような性質をもった定理や理論に、数学的な「美」を感じますか?

私は幾何学、特に代数的トポロジーを専門にしています。その中に「圏」という、大きな枠組みを説明する抽象的な数学的概念があります。圏の中にある様々な事柄が、具体的な計算を通して確かに目の前に現れて来る瞬間、数学の美しさを感じます。

数学科 幾何学分野 栗林 勝彦 Link

理学部クエスト 空間の代数的模型 -圏を行き来して幾何学的対象を理解する-
職名 教授
略歴 1986 年信州大学理学部数学科卒業
1988 年信州大学大学院理学研究科修了
1991 年京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(理学博士)
1991 年群馬工業高等専門学校講師
1995 年岡山理科大学理学部講師
1999 年岡山理科大学理学部助教授
2004 年信州大学理学部助教授
2005 年信州大学理学部教授
ホームページ http://marine.shinshu-u.ac.jp/~kuri/home.html