自然情報学分野

自然情報学分野

学問には、そして私たちを取巻く自然にはもともと境界などありません。数学、物理学、化学、コンピュータなどの分類は人間が「便宜上」作った分け方です。たとえば、自然界には「フラクタル」とよばれる、木やカリフラワーのように、一部を取り出すと自分自身の縮小コピーになっている図形が多く見られます(木の枝は、木全体の縮小コピーに見えるし、カリフラワーの一房は小さなカリフラワーに見える)。フラクタルは物理の面からも数学の面からも研究することができますし、その際コンピュータも威力を発揮します。これは分野の枠を超えて発展した一つの例です。
自然情報学分野では、数学と物理とコンピュータを総合して取り出し「自然情報学」と名づけ、互いに有機的な関連のあるものとして学ぶことを目指しています。

教員一覧教員一覧を見る

中山 一昭
中山 一昭 Link 准教授
非線形性に潜む構造 渦のような複雑な現象の中にも数学的に優れた構造が潜んでいて、現実は理想からのずれとして捉えることが可能
乙部 厳己
乙部 厳己 Link 准教授
無限次元現象の解明を目指して 例えるならば、うまく関数を設置してから家の周りを一周すれば、知りたかった家の中の状況がわかるということ
謝 賓

謝 賓 Link

准教授
不確実な現象の解析 この方程式はファイナンスにおける数学的モデル化のもたらした大功績であり, オプションや他のデリバティブの取り引きにおいて必要不可欠の道具となっています
佐々木 格
佐々木 格 Link 准教授
数理物理・数学を通して見る自然 数理物理の魅力の一つに,自然が与えたモデルには美しい構造が隠されているという事があります。数理物理を学習することは,芸術作品を鑑賞することに似ているかもしれません。