解析学分野

解析学分野

解析学の基礎は何と言っても微分積分学です。大学では、それをもっと詳しく勉強し、微分方程式、複素数の関数の微分積分なども学びます。それによって、これまで考えなかったような新しい世界が開けるでしょう。
「微分」は物体の動きを分析するために考え出されました。「積分」は図形の面積を求めるために考え出されました。このように解析学の研究の根底には何かしら動機があります。こういった動機にもとづく理論は、それ自体おもしろいばかりか、応用することで、思ってもみないパワーを発揮します。現に、解析学は、自然科学や工学・経済学など、広く応用されています。
解析学分野のスタッフの専門は、理論・応用両面にわたっているので、みなさんの要望にこたえられると思います。

教員一覧教員一覧を見る

一ノ瀨 弥
一ノ瀨 弥 Link 教授
Feynman 経路積分の数学的定式化とその応用を目指して ニュートン力は法則ではなく,証明されるものなのですよ。
高木 啓行

高木 啓行 Link

教授
やっぱり数学が好き!! ある種の関数の仲間を取り上げ,その「仲間に共通する性質」を調べるのが,「関数解析学」の考え方です。
谷内 靖
谷内 靖 Link 教授
流体の流れの解析 多くの物理現象や社会現象は偏微分方程式によって記述され,偏微分方程式の数学的解析は自然科学全般で重要な役割を果たします。
筒井 容平

筒井 容平

助教(テニュアトラック)
実解析学と偏微分方程式論