代数学分野

代数学分野

2次元方程式の解の公式は高校で学びますが、実は3次と4次の方程式にも解の公式があります。
しかし5次以上の方程式には解の公式が存在しないことが知られています。一般に何かが存在することは、それを作ってみせれば済みますが、存在しないことを証明するのは難しいことです。5次以上の方程式に解の公式がないことを証明するには「群」という数学的な対象を考える必要があります。「群」を考えるのが「代数学」です。代数学ではそのほかにも「環」「体」という重要な研究対象があります。
代数学分野では、おもに群や環を研究していますが、コンピュータを用いた代数学や、組み合わせ論の研究も行っています。

教員一覧教員一覧を見る

花木 章秀
花木 章秀 Link 教授
有限の数学 「組合せデザイン」の問題とは、簡単にいえば、「全体をよく近似するなるべく小さな部分集合を見つける」ということ
沼田 泰英
沼田 泰英 Link 准教授
個数から眺める数学 単純なものだからこそ, 数学の研究の色々な場面に登場し, 色々な意味を持たせる事ができます.
和田 堅太郎
和田 堅太郎 Link 准教授
表現論の拡がり 抽象的な概念の意味を理解することが出来れば,その抽象的な概念を用いることによって,まだ見たこともない深く広い世界に足を踏み入れることが出来るのです