数学科について

数学科について
数学を中心に、物理学やコンピュータも含めて、数学と自然界の関わりを総合的に学ぶことができる学科です。

学科概要

数学は厳密な論理によって築かれる美しい学問です。また、科学技術を支える基礎でもあり、その発展において物理学など自然科学の諸分野と互いに深く関わってきました。一方で、情報化が飛躍的に進んだ現代では、コンピュータの知識も不可欠となっています。
数学科は、数学を中心に、物理学やコンピュータも含めて、数学と自然界の関わりを総合的に学ぶことができる学科です。専門知識を教えるだけでなく、筋道の通った論理的な考え方や柔軟な発想のできる人材を育てます。そして、卒業後には教育や情報産業を始めとする様々な分野に寄与し、文化の発展に貢献できるようになることを指導の目標としています。

こうした教育内容と指導目標から、数学科は次のような方々を特に歓迎しています。
・数学の得意な人
・数学の好きな人
・数学やそれに関連する分野に強い関心を持つ人
・論理的な思考方法を身につけたい人。

社会人のためのウォームアップゼミ

大学院で数学を学ぶことをお考えの社会人の方のため、「ウォームアップゼミ」を開設します。
・信州大学大学院理工学系研究科
・数理・自然情報科学専攻
での修学を希望される社会人の方が、そのための基礎専門知識を習得することを目的とするものです。
ウォームアップゼミ開設案内

以下の情報も合わせてご覧ください。
大学院理工学系研究科 最新の入試情報
社会人の方には「社会人特別選抜」も実施しています。

各教員の専門分野は「教員一覧」で見ることができます。
教員一覧
当専攻(修士課程)に進学を考えている大学生、社会人のかたは希望指導教員と連絡をとることも可能です。
受付窓口:daigakuin@math.shinshu-u.ac.jp(@を半角に変えてください)
信州数理科学研究センター

大学院への誘い(大学院理工学系研究科 数理・自然情報科学専攻)

信州の美しい自然を背景に、わたしたちとともに数学を学びませんか。
---- 大学院修士課程進学を希望する全国の大学生、社会人の皆さんへ ----

数学の研究には静的な面と動的な面があります。
部屋にこもり、表向きは静かに、自己の内部では研究対象と格闘する「静的研究」。
そして、セミナーや研究集会に参加することで研究上のアイディアを練ったり、静的研究により得られた結果について他の仲間、研究者と討論、議論を重ねることで、より洗練された結論へと導く「動的研究」。
こうした静的研究と動的研究を充実させるための環境がここ信州にはそろっています。
時には厳しく、時には美しく輝く信州の自然そのものが静的研究をより充実させ、信州数理科学研究センターで開催される各専門分野の研究集会、セミナーや勉強会、そして国内外の研究者との交流はあなたの動的研究を刺激することでしょう。

大学院で「数学をもっと学びたい」全国の大学生、社会人の方は是非、信州大学大学院理工学研究科 数理・自然情報科学専攻の門を叩いて下さい。
選抜試験は、卒業研究や今までに学んできた専門科目等で興味を持った内容をレポートにまとめ、その内容に関する口述試験となります。
大学院理工学系研究科 最新の入試情報

なお社会人の方には「社会人特別選抜」も実施しています。上記ページをご覧ください。

各教員の専門分野は「教員一覧」で見ることができますので、当専攻(修士課程)に進学を考えている大学生、社会人のかたは希望指導教員と連絡をとることも可能です。
教員一覧
受付窓口:daigakuin@math.shinshu-u.ac.jp(@を半角に変えてください)

以下のリンク先もご覧ください。
信州数理科学研究センター
進路・就職・資格

談話会およびセミナー

本学科では、学科共通の談話会の他にそれぞれの専門分野に特化した各種セミナーが行なわれています。

談話会は、数理科学に関する幅広い話題について理解を深めるためのものであり、学生を含めた数理科学に興味を持つ人全てを対象としています。代数学、トポロジー、解析学、数理物理学などのより専門的な話題に限定したセミナーも行なわれています。

日程等、詳しくは以下のページをご覧下さい。

談話会
信州トポロジーセミナー
信州数理物理セミナー
信州代数セミナー