地層科学分野

地層科学分野

地層科学分野は、地球の過去・現在の姿を理解して、地球歴史から私たちの将来を考えるうえで必要な情報を発見し、それを社会に提供していく学問分野です。地球環境の急激な変化やさまざまな災害から身を守り地球規模の課題に取り組むために、地球に関する知識を蓄え、自然の営みを解明することが私たちに求められています。

地球の活動は地殻変動や台風、地震、旱魃(かんばつ)と多岐にわたります。しかも、それぞれの現象はお互いに無関係に見えても、実はさまざまなところで密接な関係を持っています。日本で見られる気候変動が、南アメリカ沖の海水温と関係していること(エルニーニョやラニーニャ)はその好例です。こういった地球の活動の複雑さは、お互いに全く無関係に見える現象が、最終的には密接に関連していることを示しています。

地層科学分野では過去の環境やその歴史を記録した地層や岩石、そして化石などから、地球環境の変遷を解明し、お互いの現象の関連性を解明して、未来への道しるべを導き出します。

教員一覧教員一覧を見る

保柳 康一
保柳 康一 Link 教授
未来へのパスポート 過去の地球の姿を知る 世界各地に出かけ,多くの人たちと出会えるのも,研究をしていてよかったと思うことの一つです.
吉田 孝紀
吉田 孝紀 Link 教授
太古の地球を解読する 地球史を記録しているメディアは太古の昔から連綿と作られてきた堆積岩です
山田 桂
山田 桂 Link 准教授
5億年前から生き続ける小さな化石-貝形虫-と,わたしの歴史 地学の授業には,野外に出て行って岩石などを学ぶ「巡検」というのがたくさんありまして,もともと外に出て体を動かすのが好きだった私は,そちらの方が楽しくなっていったわけです。