地球物質科学分野

地球物質科学分野

地球の活動を知ることは、私たちの現在や未来を知ることでもあります。地球の活動は目に見えない地殻変動から大規模な火山活動や大地震といったものまで様々です。

北アルプスを作る岩石は過去のプレートテクトニクスによる地殻変動やマグマ活動を記録しながら、焼岳のような新たな火山活動の土台となっています。美しい田園風景として知られる松本盆地は、非常に活動的な断層によって作られた地形であり、その変動は現在も継続しています。

これらの地球の活動は、人間の生存期間よりも遙かに長い時間をかけて生じています。現在、地下で起こっているマグマ活動や地殻変動を知るには、岩石や鉱物に記録された事実を見いだし、そのメカニズムを解明する必要があります。まさに、地球の活動記録の地道な探求が、現在や未来を知る鍵となります。

教員一覧教員一覧を見る

原山 智
原山 智 Link 教授
山はどうしてできるの? 不動山如(動かざること山のごとし)はウソ!? 自然環境に恵まれた信州大学は,野外実習を最も重視し,野外系研究者養成の国際的拠点校を目指しています。
牧野 州明

牧野 州明 Link

教授
鉱物の中は... 鉱物の中を立ち入って見ることで,鉱物の示す特性を詳しく知りそれによる振る舞いを理解することができます.
齋藤 武士
齋藤 武士 Link 准教授
火山・研究への招待 研究はその逆で,先人の誤りを見つけて正したり,先人が理解できなかった事柄に説明を与える作業だからです。これはとても刺激的でやりがいのある面白い仕事です。
森 宏
森 宏 Link 助教
地球内部の探求(構造地質学・岩石学)

岩石に残された情報を,野外調査や室内分析から抽出して,地球内部で何が起こっているのかを探っています