地球学コースについて

地球学コースについて
地球の過去・現在の姿を科学的に明らかにすることにより、地球環境の変遷の解明、資源の開発や保全、自然災害からの防御など、地球の未来に向けて現実の問題を解決することを目指した総合的な学問です。

コース概要

地球学は、地球の過去・現在の姿を明らかにして、かけがえのない地球と私たちの将来を考えるうえで必要な情報を提供していく学問分野です。
火山・地震・台風・干ばつ・熱波・洪水などの災害に対処し、地球の営みを多角的に捉えるために、より広く、より深く学ぶことを目指して、従来の地質科学から地球学への展開を進めています。
現代の社会では、大規模災害に備え、必要な資源を確保しながら環境の保全をはかるなど地球規模の課題に取り組むために、地球に関する知識を増やすことが求められています。地球学コースでは過去を記録した鉱物、岩石、地層そして化石などを教育と研究の素材にしています。カリキュラムには、信州の地の利を生かした多くの野外実習が取り入れられており、地球に関して体験的に学ぶことができます。かけがえのない地球の未来のために、地球学コースで、そして信州で学んでみませんか!

受験生の皆さんへ

地球学コースでの学習
地球学コースへの受験を考えている皆さん、このコースは地球の歴史・古生物・火山・地震・海洋の勉強をしたい人や、未来の地球環境や防災へ関わることを真剣に考えたい人にはぴったりの教室です。まずはアドミッションポリシーをご覧ください。

アドミッションポリシー
この教室での学習には、必ずしも高校地学の勉強は必要ではありません。また、高校での物理・化学については履修していた方がよいことは確かですが、入学後に十分に学習することもできます。
開講されている講義・実習は多岐にわたり、地殻変動、活断層、古生物、火山、岩石、鉱物、資源、地層、古環境などの分野を広く学ぶことができます。ただし、気象学や天文学に直接関係する授業は用意されていません。
自然の姿を正しく理解するために、実習を重視することを第一の教育方針としています。1年生から新入生ゼミや講義・実習を通じて実際の自然に触れる機会を持つことができます。2・3年生では地球学の基礎を学ぶために、多数の講義や実習に参加します。この中で、野外実習や地質見学は2・3年生で50日以上行われ、春・夏・秋の授業期間中には、ほぼ毎週、野外へ出かけることになります。

地球学コースの特徴と教育方針

地球学コースで行われている教育と研究は、次のような課題に大まかに分けることができます。

教育
・自然環境の保全と利用のための地球科学的知識や技術の習得
・地球環境の全体像を知るための地球学と周辺分野の理解
・地殻変動とその観測方法についての理解
・地殻を構成する岩石や鉱物、地層に関する正確な知識の習得
・野外で観察される地球科学現象の記載・解析技術の習得
・様々な時代の地層や岩石と地殻変動や火山活動についての理解

研究
地地球学コースで進められている研究分野は多岐にわたります。個別の研究テーマ・分野が知りたい方は、各教員のウェブサイトをご覧ください。以下は大まかな概略です。
・現在進行中の地殻変動、断層運動や火山活動の解明
・岩石や鉱物のでき方や生い立ちと、その生成条件の解明
・地層の研究による過去の地球環境と地殻運動の解読
・化石や堆積物を利用した気圏・生物圏・地圏の営みの解明

地球学での“学び”
信州大学の位置する長野県は、急峻な地形をなし、活発な隆起が続く北アルプス、現在も活発な活動が続く火山群、過去1500万年間の地殻変動が記録されているフォッサマグナ、そういった日本でも有数の変動域に位置しています。信州大学を取り巻く環境は、地球科学を学ぶ場として、絶好の位置にあります。
このような自然環境を生かすために、本学科のカリキュラムは野外実習を重視した編成となっています。たとえば北アルプスや浅間山といった地域に実際に出向いて、その場で学習を進めることができます。
これらの教育や研究の課題をバランスよく習得することで、地球学の果たすべき、現実的な課題に対処し得る能力を身に付けることができます。 さらに社会人の生涯教育と環境防災問題などへの社会的な要望に積極的に応えることにより、研究教育内容の発展と研究成果の社会的普及を図っています。
このような考え方のもとに、2002年4月より「地質科学基礎コース(その後、地球学基礎コースに変更)」と「応用地質科学コース」の2コースが新設されました。授業内容の詳細についてはカリキュラム構成をご覧下さい。

野外活動における安全確保

地球学コースでは、地質調査を含む正課の野外活動での事故を未然に防止するために、次の取り決めを行っています。

・野外活動における注意事項をまとめた「フィールドワークにおける安全の確保」、「理学部安全の手引」を熟読し、野外において遭遇しうる危険な状況について十分に把握してください。
・野外活動にあたっては、あらかじめ指導教員と調査内容・調査場所・ルート選択・日時を相談の上、当日の気象状況や危険性を把握し、緊急時の連絡先を書き込んだ「野外調査実施届(調査地域の具体的な地図を添付)」をメールで指導教員に提出してください。
野外調査届けひな形(wordドキュメント)
・教員は提出された「野外調査実施届け」を確認・記名の上で、所定の場所に提出してください。
・「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」の加入が必要です。未加入の場合や有効期限切れの場合は、野外調査・実習を行うことはできません。