物理化学分野

物理化学分野

物理化学はさまざまな化学現象をモデル化し、精密な機器測定や数式の力を借りてその本質を解き明かそうとする学問です。近年、物質科学はめざましく発展しており、新しい化学物質や化学現象が私たちの生活の中で利用されています。それらの性質や効率を決める重要な現象の多くが、物質と物質が接する「界面」にあるわずか数分子分の厚さの領域で生じています。
私たちは、新しい測定法を開発してこの界面で生じている分子現象を理解し、また磁場をはじめとする外場を利用して界面や物質内部での現象を制御し、新しい現象や物質を見出すことを目指しています。

磁場の中での物づくりと、物の性質や生命への磁場の影響

磁場は物質透過性のため物質の表面から深部まで同じように磁場効果を及ぼすことができる、極めてやさしく、クリーンなエネルギーです。私たちは磁場や光を利用した新規物質の開発や、物性制御、外場と界面物性の関係の理解を進め、新しい「磁気科学」を確立することを目指しています。

極微小空間中の分子の挙動を探る

物質によっては界面は折りたたまれ、分子数個分の微小空間=細孔を形成しています。私たちはX線や赤外吸収を用いた測定法と、計算科学の適用によって、その内部に捉えられた分子のふるまいを理解し、蓄電池や有害物質除去の効率化を試みています。

教員一覧教員一覧を見る

尾関 寿美男
尾関 寿美男 Link 教授
磁場や光であやつる物質の構造や性質 少々の才能を発揮するためには環境作りが必要です。大学生活にはそれを実現するための時間、仲間、チャンスがあります。
飯山 拓
飯山 拓 Link 准教授
極微小空間中の分子の挙動を探る テストのための勉強ももちろん必要ですが、理想的にはその先の「勉強を楽しむ」レベルを是非目指してほしいと思います。
浜崎 亜富
浜崎 亜富 Link 助教
磁石の世界 それぞれの分野を学ぶことが目的だと思っていた方は,いま一度身の回りの自然に目を向けてみてください.まだまだいろんな疑問に満ちているはずです
内田 太郎

内田 太郎 Link

助教

各種振動分光法と計算化学的手法を駆使し、界面・表面での反応機構を分子レベルで明らかにしています。さらに、得られた知見を分子設計へフィードバックし、新規高活性物質の創製へ寄与することにもつとめています。