有機化学分野

有機化学分野

有機化学は、炭素および水素を主たる構成元素とする有機化合物を対象とする研究分野です。「有機」という名称は元々生物を起源とする物質を示していたことに由来しますが、現代では、起源にかかわらず上記のように炭素および水素を主たる構成元素とし、窒素、酸素、硫黄、リン、ハロゲン、ケイ素、ホウ素などの元素からなる幅広い化合物群が有機化合物の範囲に含まれます。より具体的には、生体内の化合物から、医農薬品、香料・化粧品・洗剤、色素・染料、高分子原料、燃料・潤滑油類等身の回りのあらゆるところにある様々物質が有機化合物です。
大学の研究では、新しい有機化合物を合成して、その性質や機能性を調べることに主眼をおいています。未知物質の合成は容易でない場合が多く、合成の際には新しい手法を検討したり、合成反応の機構を詳しく調べることもあります。困難が多い程、学ぶことも多く、達成できた時は大きな喜びが得られます。

教員一覧教員一覧を見る

太田 哲
太田 哲 Link 准教授
分子の形を自在に変える 新しい物質や機能を創り出すことができるという他の学問分野にはない特徴、まさに化学という学問の目的・手法そのものです。
庄子 卓

庄子 卓 Link

助教
Construction of Functional Organic Molecules 有機合成化学は『ありふれた原料』から『付加価値』のある物を合成する,いわば錬金術のような研究分野です