化学コースについて

化学コースについて
化学の基礎を重視しながら新しい問題にも柔軟に対応できる人材の養成を念頭において教育を行います。

コース概要

学科概要

私達の周りには多種多様の物質が存在し、様々な化学現象が起きています。化学は物質の性質や現象を原子・分子レベルで解明・理解するとともに、新物質の創成や未知機能の発見を通して人類が自然環境との共生を保ちつつ発展するのに貢献する学問です。同時に、21世紀の重要課題であるナノテクノロジーと生命科学を支える基盤的学問でもあります。化学コースでは、化学の基礎を重視しながら新しい問題にも対応できる人材の養成を念頭において教育を行います。“考え、実験する化学”は本コース教育のキャッチフレーズです。実験に多くの時間が割り当てられており、1~3年次では基礎実験により、基本的な実験技術を身に付けます。4年次生は、各自希望する研究室に属し、教員の指導の下に大学院生や同級生と切磋琢磨しつつ化学の最先端 研究を行います。ここでは、自ら問題点を見つけ出し、それを自主的に解決する研究の方法を学びます。

理念

信州大学理学部理学科化学コースは、物質の構造や性質を介した物質間相互作用の仕組みを探究するとともに、新しい物質の創造や機能の発見を通して人類社会の持続的発展に貢献します。
また、信州大学理学部の理念に基づいて、信州の豊かな自然、歴史と文化、人々の営みの中で教育や研究を行うことにより、調和の取れた自然観をもち複雑で多様な社会の変化に柔軟に対応できる人材を育成します。

目標

教育
学部においては、
・人文科学や社会科学の共通教育を重視し、学生が人間や社会に対する関心を深める機会を多くもつよう努めます。
・自然科学の共通教育と学部での専門教育は、コースでの話し合いを基に組織的に行い、学生が初歩的な内容からより専門的な内容を抵抗無く理解できるようにします。
・厳正な成績評価を行うことによって、各学生が当該科目に対する自己の理解状況を把握し、それに従って努力目標を決めて自主的に学習できるようきめ細かい指導を行います。
このような教育を通して、調和の取れた自然科学観を身に付け、広い視野で様々な分野において創造力を発揮できる人材の育成に努めます。

博士前期・後期課程においては、
・研究活動を通して、学生が自主的に問題を解決できる能力を身に付けることができるように、実際的で丁寧な指導を行います。
・学生が化学の最新情報を得る機会を多くもつことができるようにするとともに、学会講演などの経験を通して、発表や議論の仕方を学べるように指導します。
このような教育を通して、化学に深い知識と自主的な研究意欲を持ち、既成概念に捕われない発想で新しい化学の発展を担う先陣として社会の持続的発展に貢献できる人材を育成します。

研究
学問状況の変化と社会の多様な要請に応えるため、より柔軟で自由度が大きい多面的で学際的な研究体制を導入し、研究内容に対する相互批判や理化学機器の相互利用を契機として構成員自ら研究体制に対する意識の改革を行い、学科内での共同研究体制を整えるよう努めます。
このような体制の基で各構成員は絶えまぬ知的好奇心と探究心をもって専門分野の研さんに努め、課題に応じて研究協力体制の整備と独創的研究の推進を計ります。

地域貢献
・地域社会に向けた諸行事や社会人教育を通して、化学への関心と興味を喚起するよう努め、地域社会(市民、企業、教員)と大学との協力関係を構築し、社会に開かれた信州大学理学部化学コースを目指します。
・地域での見学会や懇談会を契機に、教官や学生が地域社会における問題点を知るとともに、化学コースの研究内容や研究姿勢を地域社会に広く知ってもらうよう努力します。

国際貢献
・留学生を積極的に受入れて育成するとともに、国内外での国際シンポジウムなどへの教官及び大学院生の参加を積極的に行います。
・各学会などによる外国研究者招聘を積極的に利用して、諸外国の研究者との交流を図り研究協力の推進を目指します。