卒業生・在校生の声

化学コース

谷口 由美香 学部3年

化学コース

谷口 由美香 学部3年

私は高校のころから化学が好きで、化学をもっと詳しく学びたいと思い、信州大学理学部化学科(現:理学部理学科化学コース)に入学しました。大学の授業では、高校の化学で暗記するだけで終わっていたことが次々と原理から説明されます。分子の軌道を式で表したり、反応機構を詳しく見たり、難しいですが毎日楽しく学習しています。2、3年次には週2回の実験があり、自分の目で反応を確かめ、また考察することで理解を深めることができます。4年生になると、希望の分野の研究室に配属され、卒業研究に取り組みます。今まで学習してきた化学の知識を使って、一人ひとり違った研究テーマに挑戦します。

大学に来て感じたのは、1人で学習はできないということです。高校の時のように問題と答えが与えられるわけではありません。先生に教わりながら、先輩に質問しながら、友達と助け合いながら日々学習することが大学での学習ではとても重要で、ここはそれができる環境だと思います。これから先も仲間と一緒に自分の知らないことをもっともっと探求していきたいです。

桐山 隼 学部4年

化学コース

桐山 隼 学部4年

 身の回りの自然現象や物質の構造・変化について関心を持ち、不思議に思ったことはありませんか。そのようなことに関心を寄せ、自分の手で解明したいと思っている人は、信州大学理学部理学科化学コースへ来ることをおすすめします。
 化学コースでは、2年生から週に2回、学生実験の時間が割り当てられます。高校までは教科書上でしか見ることのなかった数々の反応について、あなたがその手で実際に実験し、目で見て確かめることができるのです。また、4年生になると分野ごとに研究室へ配属され、これまでの3年間で得た知識と経験を活かして未知の世界を研究します。
先生の個人指導の下で、大学院生や同級生と切磋琢磨しつつ、 新しい知識を得られることに感動を覚える毎日を過ごすことができます。
 化学コースを卒業後は、将来は研究職に就くと思われがちですが、化学コースでは特定の講義を受けることで中学校や高等学校の理科教諭免許を取得することができ、また博物館で学芸員として働くための資格を取得することもできます。これらの資格を取得することで将来の進路の視野が広がり、自分が本当に目指したい将来像を見つけることができるかもしれません。
 大学で過ごす4年間は本当に短いです。少しでも化学に興味のある方は、その大切な4年間を化学で充実させてみてはどうでしょうか。

 

1