なぜ植物は自身が作る毒に強い?

なぜ植物は自身が作る毒に強い?

植物は自身を守るためにしばしば毒を作ります。そして、自身がその毒でやられないよう、その毒に対して様々な自己中毒回避機構を備えています。細胞外に隔離する、毒になる一歩手前の状態で貯蔵する、毒のターゲット分子を変えてしまう、などなど。その仕組みは植物種や毒によって異なり、近年解明されてきていますが、まだまだ分からないことだらけです。

生物学コース 共生分子生物学分野 高梨 功次郎 Link

理学部クエスト 生物のもつ精緻な機構
職名 助教
略歴 2011年 京都大学大学院農学研究科博士後期課程 修了
2011年 京都大学生存圏研究所 博士研究員
2012年 京都大学生存圏研究所 特定助教
2015年より現職
ホームページ https://sites.google.com/site/molecularsymbiology/