シダ植物ミツデウラボシの名前の由来は?

シダ植物ミツデウラボシの名前の由来は?

大きくなるとミツデ(三手)になります。

幼いときは小型で丸い単葉です。
岩場に暮らすシダ植物は小型で成熟できます。
それを矮性成熟といいます。
岩場には、胞子体(シダ本体)になれずに配偶体(前葉体)でじっと時をまつ種類も多いです。