植物分子生理学分野

植物分子生理学分野

庭にはびこって、やっかいなゼニゴケ。ゼニゴケを研究して何の役に立つの?とよく聞かれます。植物は5億年ほど前に陸上に進出したといわれていますが、ゼニゴケの仲間は、陸上植物の進化の過程で最も初期に他の植物から分かれ、独自に進化してきたと考えられています。ゼニゴケについて調べ、それらを他の陸上植物と比較することで、初期の陸上植物がどのようなもので、陸上植物がどのように進化してきたかの手がかりを得ることができます。また、ゼニゴケは、生育方法や分子生物学的な実験方法が確立しており、実験的にも扱いやすい植物で、苔類のモデル植物として注目されています。そこで、ゼニゴケを使って、陸上生活への適応に関連した調節遺伝子の働きを調べています。また、やはり雑草ですが、モデル植物として有名なシロイヌナズナを用いて、形態形成や二次代謝を調節している遺伝子の働きを調べています。

教員一覧教員一覧を見る

久保 浩義
久保 浩義 Link 教授
植物の不思議を解き明かす 「おもしろいと思ったことを自由に研究し、その結果が意図もしないところでいろいろな形で役立っていく」、理学部での研究はそのようなものであってほしいと思います。