分子生態学分野

分子生態学分野
淡水魚の現在・過去・未来をDNAの情報を基に、集団遺伝学的、系統進化学的な手法で解明しようとしています

生物の分布域形成の解明には、その種の移動分散や地誌が大きく関わっており、時空間的な理解が不可欠です。また、種間の相互作用といった進化生態学的な側面からのアプローチも重要です。
淡水魚類は分布が文字通り淡水域に限定され、生息域の歴史的変遷と共にその分布域を形成しており、生物相の成り立ちを研究するのには格好の材料です。また、DNA解析からもたらされる遺伝子情報は、種分などの進化系統関係を推測する有用なツールであるばかりでなく、交雑や競争等の集団間の生物学的な相互作用を解析するにも有用です。

種分化と関連した分布域形成のテーマとしては、冷水性のトゲウオ科魚類であるトミヨ類各種が、氷河期の地誌的繰り返しの中で、いつどのような経路で日本列島へ侵入してきたのか解明を進めています。また、種間の相互作用、特に交雑によってコイ科のモツゴが近縁種のシナイモツゴの分生息地を乗っ取っている現象や、外来種であるバスが同じ外来種であるフロリダバスと交雑することにより、より侵略的特性を獲得している現象など、外来種の侵略メカニズムを、遺伝学的情報と生態学的情報を組み合わせることにより、そのプロセスと原因の解明を進めています。さらに、これらから得られる情報を絶滅危惧種の保全に役立てるべく、個体群の絶滅予測に用いる等の試みをしています。

野外調査

野外調査

生物学的現象の観察と調査対象の採集をおこないます

実験

実験

(左)DNA解析実験
採集したサンプルからDNAの抽出を行い、遺伝情報を解析します

(右)魚類標本計測実験
遺伝情報だけでなく、外部形態の測定や胃内容物などの解析もおこないます

教員一覧教員一覧を見る

高田 啓介

高田 啓介 Link

准教授
日本の淡水魚の過去と現在、そして未来 生き物の何から何までをとことん理屈で説明し探求する。こうした『こだわり』のあるあなたの『ゆめ』を追求できる場を提供できるのは理学部をおいて他にはありません。