お知らせ

平成30年(第112回)医師国家試験について

厚労省医道審議会医師分科会において、平成30年の第112回医師国家試験は、出題数を現行の500問から400問に縮小し、試験日数も3日間から2日間に変更することが正式決定されました(厚労省発表資料)。

具体的には

●これまでの「医学総論」および「医学各論」から「一般問題」として100題程度減らすこと

●「必修問題」、「臨床実地問題」の出題数については現行維持

とされております。

医学教育研修センターでは、随時国家試験の情報を共有していきます。

医学科学生が米国内科学会総会で演題発表を行いました

医学部医学科6年生(発表時肩書き。3月末に本学を卒業し、4月より白河厚生総合病院臨床研修医となっています)の森博隆君が、3月30〜4月1日にかけて米国サンディエゴで開催された米国内科学会総会の医学生部門において、日本支部代表としてポスター発表を行いました。 タイトルは「The Quick Induction of Remission with Rectal Administration of 5-aminosalicylic Acid in Ulcrative Coltis」で、メタアナリシス...

続きを見る

医学教育モデル・コア・カリキュラム(平成28年度改訂版)

医学教育モデル・コア・カリキュラム(平成28年度改訂版)が公表されました。 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/033-2/toushin/1383962.htm

協定校の留学生が実習中です

協定を結んでいる海外大学の医学生が本学へ定期的に留学に来ており、今回は2月24日から、マヒドン大学(タイ)、ウダヤナ大学(インドネシア)、ドレスデン工科大学(ドイツ)、河北医科大学(中国)からの学生6名をお迎えしています。

学生の皆さんは、留学生の方々を学内で見かけたら、ぜひ積極的に交流して下さい。

DSC02354.jpgDSC02352.jpg

(日本の医療制度についてレクチャーを受ける留学生)

最新のお知らせを見る

カテゴリ別に見る

月別に見る