お知らせ

第112回医師国家試験結果

第112回医師国家試験の結果が発表されました。

本学出身者の成績は、新卒者106/109名合格(合格率97.2%)、全体113/120名合格(同94.2%)でした。

第10回日本医療教授システム学会

3月1〜2日に第10回日本医療教授システム学会が東京大学で開催され、当センターから1件の演題発表がありました。

へきちの医療者が地域活動の一次救命講習会から得るもの 大塩誠司、清水郁夫、森淳一郎、多田剛

IMG_8598.jpg

第15回アジア太平洋医学教育学会

1月10〜14日に第15回Asia-Pacific Medical Education Conference (APMEC; アジア太平洋医学教育学会)がシンガポールで開催され、当センターから1件の演題発表がありました。 Students' Interactions and Team Working in Team-Based Learning: A Literature Review. Ikuo Shimizu, Tsuyoshi Tada, Robbert Duvivier (Univers...

続きを見る

医学生の診療技能全国大会「シムリンピック」で本学チームが総合優勝しました

去る8月20日に、全国の大学医学部生が3人一組で診療能力を競う「医学生シムリンピック2017」(主催:日本医学教育学会)が札幌市で開催され、全国から選抜された10チーム中、田川哲也君、江刺隆樹君、白井拓哉君(いずれも医学科5年)からなる本学チーム「ALPS (active learning peers in Shinshu university)」が初めての総合優勝を飾りました。 シムリンピックは診療技能を競うことを通して医学生が日々の学びを深めることを目指した競技会であり、今回で4回目になりま...

続きを見る

第49回日本医学教育学会

8月18〜19日に第49回日本医学教育学会が札幌市で開催され、当センターから4件の演題発表がありました。 (O-8-04)「ヒト生物学」のアクティブ・ラーニング化で医学科新入生の授業外学習を増やす試み 多田剛 (P-11-06) 地域参加型実習が学生の臨床研修施設選びにあたえる影響 森淳一郎 (P-36-03) 山間地長野県阿南地域の中学生へのBLS講習の取り組み 大塩誠司 (ITNS C-9) How we improved learners' motivation during a...

続きを見る

最新のお知らせを見る

カテゴリ別に見る

月別に見る