お知らせ

5年生対象 mid-term OSCEを実施しました

平成27年7月30日に、5年生を対象に第1回のmid-term(中間試験) OSCEを実施しました。 OSCEとは客観的臨床能力試験(Objective Structured Clinical Examination)の略で、ペーパーテストでは測定できない技能や態度といった能力を測定するために実施される試験です。 現在の卒前医学教育では、臨床実習開始前の共用試験として全国共通のOSCEが実施されております。また臨床実習終了時OSCEも本学を含め半数以上の大学で実施されており(医学教育学会, 20...

続きを見る

第47回日本医学教育学会大会で学生発表が優秀演題賞を受賞しました

7 月 24〜25日に開催された第47回日本医学教育学会大会(新潟市)において、医学科5年生町田はるかさん、清水郁夫当センター助教、今村浩救急救急集中医学教室教授らの発表演題「学生サークルによる、医療系学生のための病院前救護処置ワークショップ」が学生セッション優秀演題賞を受賞しました。この発表は、「医療系学生が自ら実践できる病院前救護法を学ぶ」ことを目標に医療系サークル"SALTs"が本年3月に実施したワークショップの成果を検証したもので、学生が互いに教え合う試みや多職種での...

続きを見る

第47回日本医学教育学会大会

平成27年7月24日〜25日にかけて第47回日本医学教育学会大会が朱鷺メッセ(新潟市)で開催され、多田剛センター長が「1診療チームに1学生を配置するクリニカルクラークシップに向けた出張医学教育FD」の演題にて、現在取り組んでいる「150通りの選択肢からなる参加型臨床実習」プロジェクトを中心とした臨床実習改革に向けた取り組みを報告致しました。 平成27年3月末までに出張FDを25病院で2回、8病院で1回実施しました。受講者は延べ1693名でした。FDを実施したことで、受講者らに医学教育改革の必要性...

続きを見る

最新のお知らせを見る

カテゴリ別に見る

月別に見る