信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  3. 臨床研究にご協力いただける方へ

臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会

臨床研究にご協力いただける方へ:臨床研究に関する情報公開

医学部・医学部附属病院で行われている臨床研究のうち、研究にご協力いただく方に直接ご説明や同意をいただく手続きが必要ないものについて、研究に関する情報を公開しています。

医学科2018.06.27
各種術中医療機器情報の統合を実現するミドルウェアを用いた脳神経外科手術
医学科2018.06.15
健常人検体を用いた基準範囲算出と多変量解析
医学科2018.06.14
慢性閉塞性肺疾患の発症に関与する遺伝子の解析
医学科2018.06.13
緊張病を呈した慢性期統合失調症患者に対する抗精神病薬の有効性
医学科2018.06.11
乳癌におけるLgr5の発現と臨床病理学的特徴
医学科2018.06.11
気腫合併肺線維症の急性増悪の検討~特発性肺線維症の急性増悪と比較して~
医学科2018.06.11
男性肺MAC症の臨床的特徴 
医学科2018.06.11
出生前遺伝学的検査受検の意思決定における 遺伝カウンセリングの意義に関する検討
医学科2018.06.11
胸腺上皮性腫瘍の前方視的データベース研究
医学科2018.06.11
骨軟部肉腫肺転移切除後の治療成績の検討
医学科2018.06.11
IgG4関連消化管病変・腸間膜病変の実態
医学科2018.06.11
特発性小脳失調症(idiopathic cerebellar ataxia, IDCA)の全国調査
医学科2018.06.11
信州大学医学部附属病院遺伝子医療研究センターにおけるフォローアップの実態調査
医学科2018.06.11
当院での過去10年間における胃瘻造設の偶発症の頻度や危険因子を明らかにする.
医学科2018.06.11
双極性障害患者における気分安定薬・抗精神病薬および抗うつ薬の処方調査
医学科2018.06.11
IgG4関連疾患におけるIgGサブクラス抗体カクテル染色の有用性の検討
医学科2018.06.11
統合失調症患者における抗精神病薬の処方調査
保健学科2018.06.11
気分障害患者に対する服薬量と作業療法の関係
医学科2018.06.11
悪性骨軟部腫瘍に対する各種処理骨の長期成績に関する多施設共同研究
保健学科2018.05.31
過去の助産録からみる周産期医療統計の疫学的検討
医学科2018.05.09
高齢頚椎症患者に対する治療成績、治療効果を後方視的に評価し、より安全な外科的治療を検討する研究
医学科2018.05.08
6Frガイディングシースを使用した前方循環病変に対する橈骨動脈経由脳血管内治療に関する後方視的研究
医学科2018.05.08
日本における成人先天性心疾患患者の通院状況に関する調査(多施設共同後ろ向き観察研究)
医学科2018.05.08
光電式指尖容積脈波形に基づく循環指標の推定
医学科2018.05.08
中高齢者原発性高悪性度悪性骨腫瘍の治療成績に対する研究 -骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)多施設共同研究-
医学科2018.05.08
大腸ESDにおける粘膜トラクション方法についての検討
医学科2018.05.08
当院における膵石症に対する治療成績
医学科2018.05.08
キメラ抗原受容体発現T細胞療法のための標的抗原探索と抗腫瘍効果の評価
医学科2018.05.08
術後静脈血栓塞栓症予防に対する抗凝固薬の適正使用に関する研究
医学科2018.05.08
先天性サイトメガロウイルス感染症における海馬形成異常と自閉スペクトラム症の関連
医学科2018.05.08
膵管癌と癌幹細胞マーカーLgR5との予後・臨床病理学的特徴における関連性についての検討
医学科2018.05.08
自己免疫性膵炎の慢性膵炎進展における危険因子とステロイドの有用性に関する検討
医学科2018.05.08
解剖学的部位、皮膚メラノサイト、真皮マトリックスの定量的解析
医学科2018.05.08
転移性骨腫瘍に対する放射線照射後の画像変化と臨床経過
医学科2018.05.08
びまん型腱滑膜巨細胞腫の長期成績に関する多施設共同研究
医学科2018.05.08
大腿骨全置換術に関する多施設共同レトロスペクティブ研究
医学科2018.05.08
信州大学における大動脈解離の術後予後因子の検討
医学科2018.05.08
C型肝炎に対する肝移植後長期経過症例に対するIFN-free療法の治療効果に対する研究
医学科2018.05.08
去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロンの有効性の検討
医学科2018.05.08
CT-based navigation systemにおけるナビ精度と椎弓根スクリューの逸脱率の関連

≪ 前のページへ| 1  2  3  4  5 |

≪ 前のページへ3 / 5