樋口 由美子

樋口 由美子
教員氏名 樋口 由美子
職名 助教
所属 検査技術科学専攻
経歴 信州大学大学院医学研究科博士課程修了
信州大学医学部附属病院臨床検査部
先端細胞治療センター
2015年4月信州大学医学部保健学科生体情報検査学講座

研究者総覧(SOAR)を見る

細胞治療に生かす技術と検査法の確立

体の中には、病原微生物やウイルスなど外界の異物から自分を守る免疫監視機構が備わっています。免疫監視機構の破堤は、感染症を引き起こすだけでなく、がんの発生やその進展に関与している事がわかっています。現在この点に着目したがんに対する免疫療法が世界的に急速な勢いで発展しています。
当研究室では、がんに対する免疫療法の治療効果を判定するための細胞レベルでの検査法の開発や、どのような患者さんに免疫療法の治療効果があるかを予測するためのバイオマーカーの探索などの研究をしています。
実習風景.JPG
免疫学の実習風景
実習により免疫学的検査法の基礎を習得
研究から広がる未来
細胞治療とは、自分や他人の細胞を用いて疾患を治療する方法です。骨髄移植・末梢血幹細胞移植・免疫療法・再生医療が含まれます。近年この分野は急速に発展を遂げている一方で、細胞治療の専門知識を持った技術者はかなり不足しています。臨床検査技師はこの分野に非常に適していると考えられており、今後細胞治療分野での臨床検査技師のニーズは高まると思われます。
細胞培養.JPG
細胞培養
クリーンベンチを用いて、培養している細胞に微生物が混入しないように無菌操作を行う
卒業後の未来像
細胞培養、フローサイトメトリー解析、ELISPOT解析、ELISA法等の細胞を用いた実験手法を学び実践します。これらの技術の習得により、病院の臨床検査のみならず、今後需要が見込まれる細胞治療分野で活躍できる人材を育成します。
著書多数.JPG
SDS-PAGE
タンパク質の分子量の差を利用して分離するタンパク質分析法