赤羽 美和

akabane.jpg
教員氏名 赤羽 美和
職名 助教
所属 作業療法学専攻
経歴 信州大学医療技術短期大学部作業療法学科卒業
同大学大学院教育学研究科学校教育専攻(特殊教育)修了(修士・教育学)
専門は発達障害児の作業療法

研究者総覧(SOAR)を見る

すべての子どもにステキな未来を!
作業療法士が子どもの発達を支援する

乳児院における作業療法介入の有効性について研究しています。乳児院は様々な家庭の事情で、家庭での生活が難しい乳幼児が入所している施設です。その中で、発達の心配なお子さんや、生活の中で困りごとがあるお子さんについて相談を受け、作業療法の視点から助言をしていますが、こうした活動が子どもの発達や生活にとって有益であるかを検討しています。現在は、個別の対応だけでなく、より多くの子どもの発達を促すための集団遊びプログラムの開発も行っています。
集団運動遊びプログラム.JPG
集団運動遊びプログラム:それぞれの発達の目標に応じて スタッフが関わる
研究から広がる未来
現在、子どものリハビリテーションは、病院や専門の施設で行われていますが、これからは、地域、施設、幼稚園・保育園、学校など、生活の場での支援が求められる時代になります。作業療法士が、医学・発達・心理・生活・環境など、多面的な視点で子どもの状態を把握し、根拠のある支援を行える職種であることを客観的に示していくことが、生活の場で他職種と協働するために必要となります。
生活支援
.JPG
生活支援:上手に食べられない子どもに食事の支援を行う
卒業後の未来像
小児発達を専門とする作業療法士は、今はとても少ないですが、今後はニーズが高くなってきます。様々な子どもに関わり、家族を支えていくことは簡単ではありませんが大きな喜びもあります。子ども達のステキな未来を夢見て発達を支えるのが作業療法士です。