松井 瞳

松井 瞳
教員氏名 松井 瞳
職名 助教
所属 看護学専攻
経歴 富山医科薬科大学医学部看護学科卒業
金沢大学大学院医学系研究科臨床看護学講座修了
看護師・保健師免許
長野赤十字病院・信州大学医学部附属病院勤務

研究者総覧(SOAR)を見る

血液透析受療中の高齢者の在宅継続および通院支援に関する研究

血液透析受療中の高齢者とその介護者は、自助努力で長年週2~3日の血液透析受療のための通院をしながら在宅で生活を送っています。しかし認知症の発症や身体機能の低下により、在宅介護や通院のための介護の負担が大きくなります。血液透析受療中の高齢者は、介護が必要な状態になった場合、在宅での生活を継続するために通院手段の確保が不可欠です。そこで私の研究は、血液透析受療中の高齢者の介護状態に応じた、高齢者とその介護者の通院の困難さと対処法、ニーズの実態を明らかにすることが目的です。さらに透析ケアに携わる医療従事者用のケア支援策を考えたいと思っています。
看護ケア.JPG 看護ケア.JPG
高齢者の尊厳を踏まえた看護ケアの実践
研究から広がる未来
当該研究は、高齢者にもたらされる様々な病気や加齢変化を引き金とし、認知症高齢者、要介護状態にある高齢者の介護上の課題や高齢者の尊厳、ケアの質を考えるきっかけにもなり、意義深いと考えます。また透析ケアの発展にも貢献できます。
多職種連携.JPG 多職種連携.JPG
技術チェックと多職種連携
卒業後の未来像
老年看護学は、将来の高齢社会を支える看護師を育成する上での基盤作りの学びの場になると思います。
透析ケア.JPG
透析ケア