奥野 ひろみ

奥野 ひろみ
教員氏名 奥野 ひろみ
職名 教授
所属 看護学専攻
経歴 東京都中央区の保健師、JICA母子保健専門家としてインドネシア経験後、看護教育に従事
東洋大学大学院社会学研究科後期博士課程修了

研究者総覧(SOAR)を見る

公衆衛生看護は、地域社会の中で行う健康と結びついた看護である

公衆衛生看護は、地域社会をフィールドにしています。健康的で幸せな生活を住民の皆さんに送ってもらうために、保健師という職種で働いている看護職を育てます。様々な病気は、社会的要因(経済・教育・人間関係など)が関連しています。病気に目を向けるだけでなく社会のありようにも目を向け解決策を探る学問領域です。国際保健の目指すところも、同じです。専門家にやってもらうのではなく、自分達で行う力(エンパワメント)を持つ住民をどう育てるかが重要です。ネパールでのフィールドワークで子どもの健康問題をどう解決するかや、国内の保健師の教育などに研究の視点をおいています。
公衆衛生看護・国際看護で利用している教科書類.JPG
公衆衛生看護・国際看護で利用している教科書類
研究から広がる未来
住民とともに健康問題を考え、住民とともに活動を進めることのできる人材の育成を進めています。卒業生が、日本にとどまらず国際社会においても、活躍してもらえることを目指しています。
http://shinshu-u-phn.net/
ネパール:プログラム参加の保育園のこどもたち.JPG
ネパール:プログラム参加の保育園のこどもたち
卒業後の未来像
保健師として県・市町村への勤務で、地域や町を健康にするためにはどうしたらよいのか、町の施策やシステムをつくることにも関与します。このノウハウは国際協力にも役立ちます。
ネパール:学生による歯磨き健康学習会.JPG
ネパール:学生による歯磨き健康学習会