国際交流プログラム

信州大学医学部保健学科の国際交流プログラム

信州大学では、毎年、夏季休暇中に短期海外研修プログラムを実施しています。本プログラムは、現地の大学や医療施設等を見学し、国際的な視野を広めるとともに、グローバルに活躍できる人材へと成長する機会を提供しております。

医療先進国の、シンガポールなどで英語を学び、英語を使って病院や施設の見学をします。経済や医療の開発途上国であるネパールで、英語を使って病院の見学や地域のプログラムに参加することで、グルーバルな世界で活躍する医療従事者になるために、様々な環境を体験できます

信州大学医学部保健学科の国際交流プログラムの概要

プログラムによる育成人材像および達成目標

・他国の人々と協同して活動ができるように英語コミュニケーション力を高め、 国際社会に貢献できる人材を育成する。
・英語による学習から、異文化交流の意義と魅力を体感する。
・異文化での学習・生活体験を通じて、国際的視点から医療従事者としての態度を涵養する。
・卒前・卒後教育(大学院)、臨床の機会を自ら国外にも求め、国際的に活躍できる医療従事者を育成する。
・日本に留学中の外国人留学生などと交流し、英語を用いて共同研究ができる人材を育成する。

国際交流プログラムの全体

・信州大学―シンガポール共和国夏期海外研修保健医療スタディツアープログラム
-シンガポールのいくつかのタイプの医療機関を訪問し、レクチャーを受けたり,施設の見学をします。医療機関は、最先端医療を提供する機関、地域の住民生活に密着した病院、子どもと女性に特化した病院などです。加えて、シンガポールの国や医療の歴史を学びます。

・大学間学術交流協定に基づくオーストラリア・カーティン大学(Curtin University)夏期海外単位認定プログラム(平成31年度実施後終了予定)
-カーティン大学での英会話学習や医療機関の見学をします。滞在期間中は、現地の家庭にホームステイをします。(平成31年度実施後終了予定)

・信州大学―ネパール連邦民主共和国夏期海外研修保健医療スタディツアープログラム
-ネパール首都カトマンズや他の地域において、医療機関やNPO活動等を見学、実際に現地住民と関わる内容も含みます。

時期・場所

時期

夏休み期間中

場所

シンガポール シンガポール総合病院と関連施設 シンガポール工科大学(1週間程度)
オーストラリア・パース カーティン大学(平成31年度実施後終了予定)
ネパール・カトマンズとその周辺(1週間程度)

報告

詳しくは、下記の報告書や写真集、シンガポール研修のオフィシャルfacebookページをご覧ください。

医学部保健学科設置以降の実施報告書

2017年(報告書学生レポート集)| 2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2008年
2007年2006年2005年 2004年2003年

写真レポート

2011年2008年

公式フェイスブックページ

sin_facebook_03.jpg

その他の交流活動

スリランカの皆さまが保健学科を来訪

去る平成27年5月11日に、JICA(独立行政法人国際協力機構)のプログラムで、佐久病院農村研究センターに研修に来ている7名のスリランカのメンバーが、大学教育の見学にいらっしゃいました。
詳しくはこちらをご覧ください。

「世界でつながること、地域でつながること」が開催されました。

去る平成27年6月4日に、保健学科国際交流委員会・人文学部共催講座「世界でつながること、地域でつながること」(講師:加藤功甫氏)が開催されました。
詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。