信州大学学術研究院保健学系(主担当:医学部保健学科検査技術科学専攻病因・病態検査学領域) の公募について[准教授,又は講師]

平成27年5月21日

関係機関の長 殿

信州大学学術研究院
保健学系長 金井 誠

信州大学学術研究院保健学系[准教授又は講師] (主担当:医学部保健学科検査技術科学専攻病因・病態検査学領域)の公募について(依頼)

時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて,本学系では,下記の要領により教員を公募いたしますので,ご多用中誠に恐縮ですが,関係各位にご周知いただきたくお願い申し上げます。

         

1.公募の趣旨・背景 このたび、教員の退職予定が生じたため、欠員が生じる領域の教育の質を担保し、支障なく学部教育を行うことを目的に公募を行うものです。
2.職名・人員 「准教授」又は「講師」1名
3.所属学系 信州大学学術研究院 保健学系
4.主担当学部等 医学部保健学科検査技術科学専攻病因・病態検査学領域
医学研究科保健学専攻博士前期課程検査技術科学分野病因・病態検査学領域
医学研究科保健学専攻博士後期課程医療生命科学分野医療生命科学領域
5.研究分野 病因・病態検査学
6.職務 学部においては定性検査学、臨床化学分析学、臨床検査総論(採血)、微生物と感染等に関する講義・実習を担当する。
大学院においては感染生体防御検査学特論、感染生体防御検査学演習、医療生命科学演習Aを担当する。
7.応募資格 1)臨床検査技師の免許を有し、臨床検査の業務経験があること
2)病因・病態検査学に関する講義・実習を担当できること
3)生体情報検査学に関する実習を担当できること 
4)博士の学位を有すること
5)大学院教育を行うにふさわしい業績を有すること
8.採用予定日 平成27年9月1日
  (本学規程に基づき,5年を超えない範囲で任期を定め,業績審査を経て任期の定めのない教員に転換する場合があります。)
9.待遇 国立大学法人信州大学の規程に基づく
10.提出書類

1)履歴書(別紙様式[doc] ):1通
2)教育研究業績書(別紙様式[doc] ):1通
3)業績目録(別紙様式[doc] ):1通

作成要領[doc]
4)主要論文別刷(自身が筆頭執筆者又は責任執筆者であるもの):准教授にあっては5編以上、講師にあっては3編以上
5)教育・研究についての抱負:A4版1枚,1200字程度
6)学位記,臨床検査技師免許証の写し:各1通
  • ※(1)~(3)の作成にあたっては、別紙「履歴書等の作成要領」をご確認ください。
  • ※選考の過程で,面接・プレゼンテーション「専門領域に関連した教育・研究活動について」のため来学していただくことがあります。
  • ※応募の際に提出いただいた書類は,返却いたしませんので,あらかじめご了承ください。
11.応募締切 平成27年 5月27日(水)(必着)
12.選考方法 書類審査と面接審査により行います。
  • ※信州大学は男女共同参画を推進しており、業績等(研究業績、教育業績、社会的貢献ほか)及び人物の評価において同等と認められた場合には女性を採用します。ただし、これは性別のみで優先的に採用することを認めるものではありません。
13.書類提出先 〒390-8621 松本市旭3-1-1
信州大学学術研究院 保健学系長 金井 誠 宛
封筒に「病因・病態検査学担当教員 応募書類在中」と朱書し,簡易書留郵便で送付してください。
14.問い合わせ先 医学部人事係 TEL0263(37)2586